二〇一七年度東京女子大学学会主催 公開連続講演会 歴史のなかの『LGBT』 第二回 LGBTを語る ―性の多様性のなかで―  講師:星乃 治彦氏 (十月二三日)|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

読書人紙面掲載 特集
2018年1月12日

二〇一七年度東京女子大学学会主催 公開連続講演会
歴史のなかの『LGBT』 第二回 LGBTを語る ―性の多様性のなかで― 
講師:星乃 治彦氏 (十月二三日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
第3回
■クィア理論とは


星乃氏はこれまでの矛盾や疑問を乗り越える新たな理論が必要であるとして、クィア的な発想をこのように紹介した。

「クィアの概念では、性をグラデュエーションで描いていく。差異を質的なものでなくて、量的なものとして相対化する。クィアが目指すところには、新たな解放理論の可能性、差別をなくしていく大きなポテンシャルがあると考えていて、差別のない社会が目指すべき社会だと思っている」。

最後に星乃氏は、「もしよかったら、クィア理論を一緒に考えていきましょう」と参加者に語りかけ、講演を締めくくった。

(註1)
L:レズビアン、G:ゲイ、B:バイセクシュアル、T:トランスジェンダー、T:トランスセクシュアル、Q:クィア、Q:クエッショニング、I:インターセックス、A:アセクシュアル、A:ストレートアライ、P:パンセクシュアル

この記事の中でご紹介した本
男たちの帝国  ヴィルヘルム2世からナチスへ/岩波書店
男たちの帝国  ヴィルヘルム2世からナチスへ
著 者:星乃 治彦
出版社:岩波書店
以下のオンライン書店でご購入できます
2018年1月12日 新聞掲載(第3222号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
読書人紙面掲載 特集のその他の記事
読書人紙面掲載 特集をもっと見る >
文化・サブカル > 文化論関連記事
文化論の関連記事をもっと見る >