小幡圭祐著「井上馨と明治国家建設」|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

近刊セレクト
2018年1月23日

小幡圭祐著「井上馨と明治国家建設」

このエントリーをはてなブックマークに追加
廃藩置県後、井上馨は大蔵省に民部省を併合。

彼の思想や「大大蔵省」の制度・施策の考察から、草創期近代国家の建設過程を解明する。

(A5・10000円・吉川弘文館・1月25日刊)
この記事の中でご紹介した本
井上馨と明治国家建設 「大大蔵省」の成立と展開/吉川弘文館
井上馨と明治国家建設 「大大蔵省」の成立と展開
著 者:小幡 圭祐
出版社:吉川弘文館
以下のオンライン書店でご購入できます
2018年1月19日 新聞掲載(第3223号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
近刊セレクトのその他の記事
近刊セレクトをもっと見る >
歴史・地理 > 日本史 > 近代以降関連記事
近代以降の関連記事をもっと見る >