文化資本学会編 『文化資本研究1』 文化科学高等研究院出版局より創行|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!
▶メールマガジン登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

出版メモ
2018年2月13日

文化資本学会編 『文化資本研究1』 文化科学高等研究院出版局より創行

このエントリーをはてなブックマークに追加
文化資本学会編『文化資本研究1 特集:文化資本とホスピタリティ』が文化科学高等研究院出版局から刊行された。A5判350頁・2400円。

日本の文化を文化資本の視座から多角的に探究する総合誌として創刊された『文化資本研究』は日本(および世界)の文化資本について超領域的専門研究を行ない、とくに日本の普遍原理はいかなるものであるかを日本のさまざまな実際局面において開削、世界水準での研究生産を進める学会として昨年設立された文化資本学会の研究発表の場としての役割を担っている。

本号の主な内容は文化資本学会永久名誉顧問の福原義春・小林陽太郎の2氏による対談をはじめ、設立コア研究者及び学術招待会員の矢野雅文、山本哲士、福井憲彦、窪山哲雄、田中実、松下和夫、坂田守正、駄田井正、岡本哲志、山本理顕、橋本純一、楠元恭治、小松弘、笹島寿美、浅利誠、河北秀也、佐藤直樹、琴寄政人、岡崎勝、西野憲史、坂井秀夫、飛島章、阿波弓夫、渡辺光博らによる多様な論考、藤井貞和インタビュー、金谷武洋講演載録を掲載。巻末には「日本高等学術会議のビジョン」を付している。
文化科学高等研究院出版局TEL:03・3580・7784
この記事の中でご紹介した本
文化資本研究1 文化資本とホスピタリティ/文化科学高等研究院出版局
文化資本研究1 文化資本とホスピタリティ
編 集:文化資本学会
出版社:文化科学高等研究院出版局
以下のオンライン書店でご購入できます
2018年2月9日 新聞掲載(第3226号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
出版メモのその他の記事
出版メモをもっと見る >
学問・人文 > 哲学・思想関連記事
哲学・思想の関連記事をもっと見る >