吉田満 戦艦大和学徒兵の五十六年 書評|渡辺 浩平(白水社)|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!
▶メールマガジン登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

ここを伝えたい!本の編集者より
2018年5月10日

死者の身代わりの世代

吉田満 戦艦大和学徒兵の五十六年
著 者:渡辺 浩平
出版社:白水社
このエントリーをはてなブックマークに追加
吉田満『戦艦大和ノ最期』が刊行されて半世紀以上が経過した。同書は、吉川英治の勧めで僅か「一日を以て」書き上げられ、小林秀雄に見出されて『創文』創刊号に掲載されるも、占領軍によって発禁処分となった衝撃の初出から今日まで、絶えることなく読み継がれてきた戦争文学の不朽の名作である。

狭義の文芸の世界にとどまらず、組織人にとりわけ愛読されたのは著者の来歴が大きい。

吉田満は1923年生まれ。府立四中、東京高校、東京帝大法学部とエリートコースを歩むが、太平洋戦争末期、学徒出陣に伴い海軍に入隊。少尉として戦艦大和に乗り込み、大和を旗艦とする第二艦隊の沖縄特攻作戦、「天一号作戦」に参加し、奇跡の生還を果たす。この記録が『戦艦大和ノ最期』である。

戦後は日本銀行に入行。ニューヨーク事務所や人事課長といった要職に就き、考査役、政策委員会庶務部長、局長を経て、監事にまで登り詰めるが、この監事在職中に56歳で急逝した。

戦後、鶴見俊輔、江藤淳、加藤典洋らによって論じられてきた吉田。本書は「キリスト者」吉田に力点を置きながら新事実によって新たな吉田像を模索する試みである。戦中派の死生観の内奥へ。
この記事の中でご紹介した本
吉田満 戦艦大和学徒兵の五十六年/白水社
吉田満 戦艦大和学徒兵の五十六年
著 者:渡辺 浩平
出版社:白水社
以下のオンライン書店でご購入できます
このエントリーをはてなブックマークに追加
ここを伝えたい!本の編集者よりのその他の記事
ここを伝えたい!本の編集者よりをもっと見る >
歴史・地理 > 日本史 > 昭和史関連記事
昭和史の関連記事をもっと見る >