円満字二郎×荒木健太郎 お天気対談 雨かんむりと雲にまつわるエトセトラ|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!
▶メールマガジン登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

  1. 読書人トップ
  2. 特集
  3. 読書人紙面掲載 特集
  4. 自然科学
  5. 円満字二郎×荒木健太郎 お天気対談 雨かんむりと雲にまつわるエトセトラ
読書人紙面掲載 特集
2018年5月11日

円満字二郎×荒木健太郎 お天気対談
雨かんむりと雲にまつわるエトセトラ

このエントリーをはてなブックマークに追加
「あの雪の日」「あのとき雨が降らなければ…」など、天気にまつわる思い出は誰にもあるのではないだろうか。その美しさが救いになることもあれば、恐ろしい災害をもたらすこともある「空」。本紙連載「漢字点心」でもおなじみの円満字二郎氏と、雲研究者の荒木健太郎氏に、それぞれの著書――漢字の成り立ちと古文献から天気について思索した『雨かんむり漢字読本』と、楽しい雲科学の『雲を愛する技術』――を中心に据えた、お天気対談をお願いした。    (編集部)
第1回
三千年の昔から人は空を見上げてきた

円満字 二郎氏
円満字 
 『雲を愛する技術』は、雲への愛に満ちた本ですね。
荒木 
 そう感じていただけるとうれしいです。以前は雲を研究対象としか見ていなかったのですが、一般の人向けに気象学をどうしたら楽しく伝えられるかと考えるうちに、現象の物理を擬人化したり、雲の写真を撮るようになりました。「雲愛くもあい」はそれからです。
円満字 
 雲を発生させる空気の塊(parcel)を「パーセルくん」とキャラ化したり、雲粒子たちを擬人化するなど、面白い試みですよね。
荒木 
 私は豪雨、豪雪、竜巻など災害をもたらす雲の仕組みの研究に取り組んでいます。でも防災気象情報がいくら高度化しても、情報を使ってもらえなければ、人々は身を守れず被災してしまいます。以前、茨城県常総市で中学・高校の教員や学生向けに講演したことがありました。集中豪雨はどこでも起こりうるし、鬼怒川が氾濫することもありうるので、ハザードマップを活用して日頃から備えてくださいと。しかしその後、関東・東北豪雨が起こり、講演に来ていた方も被災されて、「まさかこんなことが起こるとは思っていなかった」、と。この言葉は災害が起こるたびに被災地で耳にします。実際に災害が起こってからでは遅いのですが、なかなか危機意識を自分事として持ち続けることは難しい。気を張って防災しようとしても続かないので、楽しみながら天気について知ってもらうしかないと思ったんです。
雲を愛する技術(荒木 健太郎)光文社
雲を愛する技術
荒木 健太郎
光文社
  • オンライン書店で買う
円満字 
 雲愛は、防災へ導くある種の方便というわけですね。僕の『雨かんむり漢字読本』には、それほど深い動機があったわけではないのですが、雨や雪や雷、ひょうあられなどの現象は、漢字が作られた三千年の昔から、人間がずっと付き合ってきたものです。我々の知る霜や霧と、彼らが体験したそれらとは現象として同じものなのか、彼らはそれらの自然現象をどう捉えたのかを、漢字を通して考えることができればと。
荒木 
 雨かんむりの漢字は、三千年の昔から人が空を見上げてきた証左になりますね。
円満字 
 現象を見て天気の変化を予測する「観天望気かんてんぼうき」は、漢字が生まれた時代から行われ続けていますが、科学のない時代、人々は天候を人事と結びつけます。政治が乱れているから大雨が降り続けるとか、オーロラ(赤気)は革命の兆しとか。つまり天を神として、天災は天の怒りの象徴、というように擬人化したのです。ヨーロッパから自然科学が入ると、天候のメカニズムを解明する気象学によって俗説は否定されますが、今、別の角度から、荒木さんによって「雲の心を読む」ことが再設定されたのは面白いですね。
荒木 
 起源は分かりませんが、観天望気はかなり昔からなされていますよね。世界中に天気に関する言い伝え(Weather lore)がありますが、特に漁業など、天候が直接命に関わるような分野で発達してきた技術です。例えば、富士山の笠雲は「雨の兆し」という観天望気は有名です。これは温帯低気圧が日本海上にあるときに発生しやすいのですが、雲は前兆現象としてその姿を見せてくれるので、雲から天候を予測する観天望気は、科学的に裏付けされているものが多いです。
2 3 4
この記事の中でご紹介した本
雲を愛する技術/光文社
雲を愛する技術
著 者:荒木 健太郎
出版社:光文社
以下のオンライン書店でご購入できます
雨かんむり漢字読本/草思社
雨かんむり漢字読本
著 者:円満字 二郎
出版社:草思社
以下のオンライン書店でご購入できます
2018年5月11日 新聞掲載(第3238号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
円満字 二郎 氏の関連記事
ok
2018年5月22日
ok
2018年5月15日
ok
2018年5月1日
ok
2018年4月24日
ok
2018年4月17日
魚乱
ok
2018年4月10日
ok
2018年4月3日
ok
2018年3月27日
読書人紙面掲載 特集のその他の記事
読書人紙面掲載 特集をもっと見る >
自然科学関連記事
自然科学の関連記事をもっと見る >