アベノミクスは失敗するが、それが世界に与える影響は少ないだろう|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

  1. 読書人トップ
  2. コラム
  3. 編集室から
  4. アベノミクスは失敗するが、それが世界に与える影響は少ないだろう・・・
編集室から
2016年10月14日

アベノミクスは失敗するが、それが世界に与える影響は少ないだろう

このエントリーをはてなブックマークに追加
九月二十日に開かれたセバスチャン・ルシュヴァリエさんの講演会は、大型の台風が近づく中で行われた。雨風ともに強くなりつつあり、開催が危ぶまれたが、会場には大学生・大学院生とおぼしき二十代の若者から、研究者・大学教員、あるいはかなり年配の方まで来場し、用意された七十席が満席となった。紙面の都合上、二時間にわたって行われた討論のうち、ルシュヴァリエ教授の講演のみを載録させてもらった。
また講演がはじまる前に、「二十分ほど時間があるので、質問があれば何でもお答えします」と、気軽に取材に応じてくれた。その間、䑓丸謙さんには本当に丁寧な対応をしていただき、この場を借りて御礼を述べておきたい。
「アベノミクスは失敗するが、それが世界に与える影響は少ないだろう」という言葉に、少なからず衝撃を受けた。日本経済は、それぐらいの存在感しかないのだ。かつて「ジャパン・バッシング」という言葉が流行り、次に「ジャパン・パッシング」から「ジャパン・ナッシング」とさえ言われた。今後は、「Japan mourning」とでも言われるようになるのだろうか。 (A)
2016年10月14日 新聞掲載(第3160号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
編集室からのその他の記事
編集室からをもっと見る >
Notice: Undefined variable: category_check in /var/www/dokushojin.com/htdocs/article.html on line 1654