社長! 「透明資産」に気づけば資金繰りが好転します。|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
哲学からサブカルまで。専門家による質の高い書評が読める!
~毎週金曜日更新~

▲トップへ

  1. 読書人トップ
  2. コラム
  3. いい本を読みましょう
  4. 社長! 「透明資産」に気づけば資金繰りが好転します。・・・
いい本を読みましょう
2016年12月9日

社長! 「透明資産」に気づけば資金繰りが好転します。

このエントリーをはてなブックマークに追加
「透明資産」とは何か。これは「これまでに培った技術や経験やノウハウ」を指す知的資産のことであり、個人・法人問わず誰しもが何かしらの透明資産を有している。しかしこの透明資産を見いだせていない、あるいは上手に活用できていない経営者や企業も多く、本書著者で行政書士コヤマ事務所所長の小山範之氏が本書を通じて透明資産発見の手引きをしていく。

本書は著者が携わったケースを含めた多くの事例を引くことにより、具体的かつ豊富な個々の強みを紹介していく。例えば介護福祉士の方が前職で得た二種免許、あるいは丁寧な配送に徹底したこだわりをみせ天候不順時は運送しない豪雪地帯の運送会社など、可視不可視問わず自身の武器を見直し顕在化させる。一見、業務に関わりないが新しい一手をうつ可能性を秘める個別の透明資産を洗い出すために、本書中には著者特製のワークシートを付している。

実践編では透明資産を活用して実際に補助金がおりた申請書を紹介しており、企業の業績向上、また新たな資金調達のための有効性が示唆される。

本書は会社経営者のみならずビジネスパーソンや就活生が読んでも参考になる一冊である。
2016年12月9日 新聞掲載(第3168号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の中でご紹介した本