【横尾 忠則】我が心臓に感謝!家族は常にサスペンス|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

  1. 読書人トップ
  2. 連載
  3. 日常の向こう側ぼくの内側
  4. 【横尾 忠則】我が心臓に感謝!家族は常にサスペンス・・・
日常の向こう側ぼくの内側 第256回
2016年9月2日

我が心臓に感謝!家族は常にサスペンス

このエントリーをはてなブックマークに追加

細野晴臣さん㊧と糸井重里さん(横尾忠則現代美術館で。写真・徳永明美)

2016.8.22
 台風9号関東に上陸。強風雨に家から出られず、リオ五輪閉会式を観る。東京五輪は誰が演出するのか見当つかず。

朝日の大上さん、ツイッターで救急車搬送事件を知って「アートですね」と。「ハイ、誰も評価しない命がけのアートです」。

チャップリン・コレクション(DVD全9巻)購入。チャップリンはなぜ誰彼おかまいなくケツを蹴りまくるんだろう。そして狂気の反復は時間ではなくその回数が物を言う。
2016.8.23
 銀座gggの北沢さん近くに引越してきたと挨拶に塩昆布と最中。

最首さん車で画材を東宝スタジオへ。「家族はつらいよⅡ」の撮影期間中、山田さんの監督ルームの一角に特設アトリエを設置してもらう。中断していたアンリ・ルソーの悪意のオマージュ作品を制作の予定。

今日までのラッシュ映写会へ。お父さん役の橋爪功さんのセリフはそのまま寅さんに置きかえても何の違和感もないことを発見。

救急車で運ばれた話をするとそれは迷走神経反射で山田さんにも起こったと。だけど眼が霞んで眼鏡を掛けたら見えた、と言うと橋爪さんは「そんなん病気違いますわ、眼鏡作りなさい」。
2016.8.24
 「週刊文春」の<時は金なり>の取材で自作のスウォッチと三宅一生さんからの時計と山田さんからの小銭用財布の贈物の話をする。

午後、橋爪さんの入浴シーンの撮影。大勢のスタッフや見学者に囲まれて、まあお気の毒に。私は監督ルームに戻って絵を描きまっさ。そこへサプライズのお客さんあり。

「横尾さんが絵を描いておられると聞いたので……」と現われたのは、一瞬幻かと目を疑ったけれどまごうことなく現。そこには吉永小百合さんが。もうびっくりさせないで〓〓★〓。なんとなく迷走神経反射気味が一瞬ショック療法で完治。
2016.8.25
 神津善行さんの車で虎の門病院で心臓超音波検査。自分の心臓を動画で見るのは初めて。80年間一瞬の停止もなくよく動いてくれて、思わず心臓に感謝。今までの複数の検査の結果全く問題なし。躰の不調を感じるのは心因的要素が大きい。治療の方法は不安を感じても深く考えない。どこも悪くないことを自覚する(先生を信じる)こと。不安が不安を呼んでパニック症状を起こす。躰について深く考えず、楽観的に好きなことをしてストレスを消す。安心するために月に一度先生と言葉を交す。検査も薬も出しません。

午後ポプラ新書の浅井さんが本の題名「死なないつもり」を提案。なんだっていい、おまかせします。
2016.8.26
 午前中オイルマッサージ。養生というより気分転換。

世田谷美術館へ久し振りに酒井忠康館長、塚田さんと昼食。特別芸術の話をするわけでもなく、「次は成城でとんかつ食べましょう」って話。塚田さんが手掛けた「アルバレス・ブラボ写真展―メキシコ、静かなる光と時」を観て帰る。

あれからまたおでんが布団の上で放尿。裏庭に面した軒下に隠れたまま滅多に下りて来ず。エサや水を妻が運ぶ。「もう怒らないから家の中に入りなさい」。
2016.8.27
 雨。午後東京スタジオへ。「家族はつらいよⅡ」のイメージ・ポスターに使用する出演者の写真のテスト撮りをスタジオ内で。ちょっとサスペンス風の写真を撮る。家族ってのは常にサスペンスが待ちかまえている。

相変らず、おでんは屋根の軒下で食事、ホームレス猫は家の中で食事。どっちがホームレスかわかんないよね。
2016.8.28
 神戸の美術館で細野晴臣さんと糸井重里さんのトークを徳永と聴きに行く。

神戸ホテルオークラで夕方まで休息して、夕方に美術館へ。すでに細野さん、糸井さんも到着。ぼくは出演の予定ではなかったが、なんとなくステージに引っぱり出されるが、難聴が激しく、二人の話がほとんど耳に届かず。糸井さんがトークを仕切る形で、細野さんがぼくがYMOのメンバーとして参加する予定だった、そんな経緯を語るが、彼の口から聞くのは初めてなのに残念だがほとんど聴こえない。YMO結成記者会見に出席できなくなった当時のエピソードをぼくが語るが、なるようにならなかった背景には運命の支配が大きく関わっていたように思う。もしなるようになっていたら、今の自分ではない別の自分がいたかも知れない。そーいう意味では運命に従がった結果が今であるように思う。あの時強引にYMOに参加していればその反応は相当厳しい反動として返ってきたに違いない。そー思えば運命まかせが最も生き易いのかも知れませんね。

ホテルにて結構遅くまで話す。糸井さんからアイフォーンの説明を受けるが、どうもぼくには操作が難しい。(よこお・ただのり氏=美術家)

2016年9月2日 新聞掲載(第3155号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
日常の向こう側ぼくの内側のその他の記事
日常の向こう側ぼくの内側をもっと見る >
Notice: Undefined variable: category_check in /var/www/dokushojin.com/htdocs/article.html on line 1654