【横尾 忠則】無意識を顕在化することで 夜と昼の境界を外すのが ぼくの創作である。|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

  1. 読書人トップ
  2. 連載
  3. 日常の向こう側ぼくの内側
  4. 【横尾 忠則】無意識を顕在化することで 夜と昼の境界を外すのが ぼくの創作である。・・・
日常の向こう側ぼくの内側 第259回
2016年9月30日

無意識を顕在化することで 夜と昼の境界を外すのが ぼくの創作である。

このエントリーをはてなブックマークに追加
講談社エッセイ賞授賞式、如水会館で㊧林真理子さんと(撮影・徳永明美)

2016.9.12
 覚醒と同時にピシャリと扉が閉められたように忘れた夢。獲った魚がスルリと手から逃げた。まだ手の平にはその感覚は残っている。無意識を顕在化することで夜と昼の境界を外すのがぼくの創作である。夢はぼくにとって霊感の源泉なのに気配だけを残して去っていった。なんだか一日の始まりにけつまづいた感じだ。だけど獲物はまだそう遠くに行ってはいまい。絶対カクまえてやる。

午前中「POPEYE」の取材を受けている最中、「今朝見た夢を教えて下さい」。エッ! ぼくの心の底を見すかした質問じゃないか。すでに今朝の夢とは決別していたが、質問と同時に夢が戻ってきた。

その夢は太宰治の役を演じて欲しいというどこかの映画監督の依頼だった。ぼくは津軽弁ではなく関西弁の太宰なら引き受けてもいいと言った。演じる前に夢は終った。
2016.9.13
 雨。夕方から「家族はつらいよ2」のポスターに使用する俳優の肖像写真を撮る。西村雅彦、林家正蔵、夏川結衣、中嶋朋子さんたち。家庭喜劇の背後に潜むかも知れないサスペンス風の写真を撮る。
2016.9.14
 60~70年代ニューヨークに行けばいつも居候していた川西浩史君来訪。ひと廻り下の子年の彼は70歳。この年で再びニューヨークに渡ってシルクスクリーンの工房を開設するそのエネルギーの秘密の一端に触れる。

東宝でスタッフ一同の記念撮影会に参加。

夕方より橋爪功さん、吉行和子さんの肖像写真の撮影。
2016.9.15
 如水会館での講談社エッセイ賞の授賞式に出席。選考委員の坪内祐三さんが三島賞受賞者とぼくが偶然1936年生まれなのを引っかけて一言選評しておられたことをマクラに、ぼくも何か引っかけようと彼の受賞者が紙に書いたものを読まれたことを思い出してぼくもそーするつもりが、受賞の言葉は2分と決められていたので読むと時間オーバーになるので止めると、実にくだらない話で終る。が「その原稿をぜひ見せて」と取材の要求多し。

帰宅すると玄関にお祝いの花が満開。
2016.9.16
 島田紳助が雑草と鉄条網に囲まれた野外高座で何やら一席。次の夢は乗ったエレベーターが上下を繰り返すだけでドア開かないという悪夢。

神戸から山本理事長、田中副館長が紺授褒章と兵庫県知事の感謝状を持参。何の感謝状?
2016.9.17
 何もしないで怠けっぱなしだったが、怠け疲れると、かえって働きぐせが出てきた。躰は知らぬ間にバランスを取るものだ。
2016.9.18
 ホームレス猫が眼が悪かったが、肉を与えている内に完治したと妻大喜び。

午前中、アルプスで東京新聞の自伝「この道」をまとめ書き。

講談社エッセイ賞授賞式、如水会館で、㊨中沢新一さんと(撮影・徳永明美)

2016.9.19
 天候不順でロケが中止。急遽、東宝スタジオへ。しばらく離れていた絵を再開。一年振り?で小林稔侍さんにセット内で。やっぱり健さんの話になる。
2016.9.20
 今日辺りスイスのSF美術館での個展のオープニングでは? 神戸から山本さんが代行してくれている。

読売新聞のダリの取材。
2016.9.21
 昨夜初めて湯タンポを入れて寝る。部屋は冷房。冷やしたり暖めたり、よく眠れました。

箱根・彫刻の森美術館の個展「迷画感応術」展が終り、報告に黒河内さん、依田さん来訪。入館者25万3792人。〓カタログ完売。〓

午後、東宝で妻夫木聡さん、蒼井優さんと山田監督と横尾の肖像写真の撮影。
2016.9.22
 秋分の日。雨。朝から映画「美術館を手玉にとった男」のDVDを観る。贋作画家のドキュメント。ぼくも東宝でルソーの贋作5点目完成、6点目に着手。

昼食は吉永小百合さんの差し入れ弁当の御相伴に。

おでんは家の中で特定のテリトリィを決めると、ある期間その場所から動かない。だけど一端その場所を離れると二度とそこには戻ってこない。現在のテリトリィは階段の踊り場が棲家。
2016.9.23
 オイルマッサージで躰のメンテナンス。

朝日新聞の書評に絵で批評する。

「芸術新潮」、「美術手帖」のダリ特集にポルトリガトの家でダリとガラに会った話をする。読売新聞も、NHK「日曜美術館」も、国立新美術館の南雄介さんとのトークも、全部同じ話ばかり。同じ芸をする反復芸人になった私。
2016.9.24
 雨。10時まで朝寝坊。

東宝へ。セットの撮影を覗く。画材道具一式東宝アトリエから引き上げる。
2016.9.25
 久し振りに野川の公園のベンチで読書『ピカソになりきった男』と2週間分の日記の整理。歩いていると家もないのに線香の匂いがする。誰かの命日? (よこお・ただのり氏=美術家)
2016年9月30日 新聞掲載(第3158号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
日常の向こう側ぼくの内側のその他の記事
日常の向こう側ぼくの内側をもっと見る >
Notice: Undefined variable: category_check in /var/www/dokushojin.com/htdocs/article.html on line 1654