本の国へようこそ 第79回 ちがい|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

  1. 読書人トップ
  2. コラム
  3. 本の国へようこそ
  4. 本の国へようこそ 第79回 ちがい・・・
本の国へようこそ
2017年2月10日

本の国へようこそ
第79回 ちがい

このエントリーをはてなブックマークに追加
世界には様々な民族や人種がいます。でも実はすぐお隣に座っている人とも、肌の色、目の色、感じ方、考えも違う。違和感は強いメッセージ。だからそれを否定しようとする人もいるかもしれない。でも違いの中にこそ愉しさや豊かさがある、かもしれない。ワクワクする物語をご紹介します。
ボルカ はねなしガチョウのぼうけん

ボルカ はねなしガチョウのぼうけん(ジョン・バーニンガム)ほるぷ出版
ボルカ はねなしガチョウのぼうけん
ジョン・バーニンガム
ほるぷ出版
  • オンライン書店で買う
ジョン・バーニンガム作/木島始訳32頁・1500円ほるぷ出版

ポッテリピチョン夫婦から生まれた、ガチョウのボルカには羽がない。お母さんが毛あみの羽を作ってくれましたが、兄弟たちになじめません。皆があたたかい土地へ旅立ち、ひとりぼっち…。しかしボルカを待っていたのは、冒険と、かけがえのない出会いでした。

あおい目のこねこ

あおい目のこねこ(エゴン・マチーセン)福音館書店
あおい目のこねこ
エゴン・マチーセン
福音館書店
  • オンライン書店で買う
エゴン・マチーセン作/瀬田貞二訳112頁・1200円福音館書店

青い目の元気なこねこは、ねずみの国を見つけにでかけます。魚に青い目を笑われても、食べ物が蚊一匹でもめげません。黄色い目の猫たちの嫌味にも、「ぼくは、へんてこなねこじゃないよ」。猫たちを助けようと、犬の背に飛び乗ったこねこが辿り着いたのは…?

せかいのひとびと

せかいのひとびと(ピーター・スピアー)評論社
せかいのひとびと
ピーター・スピアー
評論社
  • オンライン書店で買う
ピーター・スピアー作/松川真弓訳41頁・1500円評論社

体の大きさ、肌の色、目、鼻、髪の毛、着る物やおしゃれの仕方、休みの日の過ごし方、宗教や言葉、金持ちも貧しい人も、地球の上には、様々な人が暮らしている。こんなに一人一人違うけれど、最後には誰もが死ぬ。大きな頁に世界がギッシリ詰まった絵本です。

ジョージと秘密のメリッサ

ジョージと秘密のメリッサ(アレックス・ジーノ)偕成社
ジョージと秘密のメリッサ
アレックス・ジーノ
偕成社
アレックス・ジーノ作/島村浩子訳222頁・1400円偕成社

ジョージは男の子だと言われると心が沈む。自分が本当は女の子であることを、分かってもらいたい。特にママに。気持ちを最初に受けとめてくれたのは、親友のケリー。ケリーの秘密の作戦が、ママの心をほどいていく。トランスジェンダーの子の思いを描く物語。

銀座教文館 Tel:03-3563-0730
子どもの本のみせ ナルニア国
◎選書=ナルニア国・菅原幸子さん
2017年2月10日 新聞掲載(第3176号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の中でご紹介した本
教育・子どもと同じカテゴリの 記事