第21回 野間文芸翻訳賞 決定|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

  1. 読書人トップ
  2. ニュース
  3. 受賞
  4. 第21回 野間文芸翻訳賞 決定・・・
受賞
2017年2月17日

第21回 野間文芸翻訳賞 決定

このエントリーをはてなブックマークに追加
第21回野間文芸翻訳賞の受賞者が次の通り決まった。選考委員は、和田忠彦、岡田温司、ジョルジョ・アミトラーノの各氏。受賞者には、正賞と副賞1万米ドルが贈られる。

▽アントニエッタ・パストーレ氏(Antonietta Pastore)受賞作:村上春樹『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』(文藝春秋 2013年刊)イタリア語版
MurakamiHaruki,L’incoloreTazakiTsukurueisuoiannidipellegrinaggio(GiulioEinaudieditore,2014)

贈呈式は、4月、イタリア・ミラノで。

この記事の中でご紹介した本
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 /文藝春秋
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
著 者:村上 春樹
出版社:文藝春秋
以下のオンライン書店でご購入できます
2017年2月17日 新聞掲載(第3177号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
受賞のその他の記事
受賞をもっと見る >
文学関連記事
文学の関連記事をもっと見る >