息|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
哲学からサブカルまで。専門家による質の高い書評が読める!

▲トップへ

漢字点心
2017年2月24日

このエントリーをはてなブックマークに追加
今日、二〇一七年の二月二四日は、初めての「プライムフライデー」なのだそうだ。なんでも、政府が主導して、隔月末の金曜日は午後三時に仕事を切り上げて、何かたのしいことをしよう、と呼びかけるこころみらしい。消費の拡大がねらいだが、はたしてその効果はいかに?

そこで、この日にふさわしい漢字がないか、いろいろ考えてみた結果、選び出したのが「息」。もちろん、「いき」と訓読みして「呼吸」を表す漢字だが、「休息」「安息」のように、「やすむ」「落ち着く」といった意味もある。早めに仕事を切り上げて遊びに出るのはいいけれど、それでかえって疲れてしまっては、元も子もない。月曜日から元気に働くためにも、「ほっと一息つける」週末にしたいものだ。

ちなみに、「息」には、「利息」のように「お金が増える」という意味もある。この週末、みんなで使ったお金が、景気の上昇に役に立つ。そんなふうにうまくことが運びますように……。
2017年2月24日 新聞掲載(第3178号)
このエントリーをはてなブックマークに追加