本の国へようこそ 第80回 佐藤さとる|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
哲学からサブカルまで。専門家による質の高い書評が読める!

▲トップへ

  1. 読書人トップ
  2. コラム
  3. 本の国へようこそ
  4. 本の国へようこそ 第80回 佐藤さとる・・・
本の国へようこそ
2017年3月3日

本の国へようこそ
第80回 佐藤さとる

このエントリーをはてなブックマークに追加
二月九日、童話作家の佐藤さとるさんが八十八歳で亡くなった。佐藤さんの「コロボックル物語」シリーズにワクワクさせられた読者はたくさんいることでしょう。これからもコロボックルは、日本のどこかにひっそりと生き続けます。今回は佐藤さんを偲び、「こびと」の名作をご紹介。
だれも知らない小さな国

小山と杉林にそっと隠された三角の平地。静かないずみと真っ赤な椿の花が咲く不思議な場所―。少年時代に一度だけ見た「小さな人」たち。終戦後、秘密の小山を手に入れようとする大人になったぼくの前に、小さな影が現われるようになって―。不朽の名作です。

もりのこびとたち

こびと家族の森の暮し。こどもたちは蛙と飛びっこしたり、ふくろう先生の学校で学んだり。トロルは怖いけど、蝙蝠や兎、妖精も遊び仲間。秋は冬ごもりの準備、木の実や茸を集めます。そしてまた新しい春が! こびとの生活が身近に想像できる美しい絵本です。

はなはなみんみ物語

はなはなみんみ物語(わたりむつこ)岩崎書店
はなはなみんみ物語
わたりむつこ
岩崎書店
  • この本をウェブ書店で買う
はなはなとみんみ、ふたごの兄妹は幸せな五人家族。雪どけの頃語られた、白ひげじいさんの昔話は、こびとの魔法と、小人大戦争のこと…。春になり、からすの噂話から、戦争の生き残りのこびとをさがす旅が始まって―。戦争経験のある著者が描くファンタジー。

床下の小人たち

イギリスの古風な家の床下には、「借り暮らしの人」が住んでいた…。ケイトがメイおばさんから聞いたのは、人間からこっそり様々なものを借りて生活する小人たちと、小人の姿を見た男の子の話でした。ジブリ映画「借りぐらしのアリエッティ」の原作です。


銀座教文館 Tel:03-3563-0730
子どもの本のみせ ナルニア国
◎選書=ナルニア国・菅原幸子さん、川辺陽子さん
2017年3月3日 新聞掲載(第3179号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の中でご紹介した本