本のフェス2017 @神楽坂 日本出版クラブ会館 3月12日(日)10時~19時開催 |書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
哲学からサブカルまで。専門家による質の高い書評が読める!
~毎週金曜日更新~

▲トップへ

  1. 読書人トップ
  2. ニュース
  3. 催しもの
  4. 本のフェス2017 @神楽坂 日本出版クラブ会館 3月12日(日)10時~19時開催 ・・・
催しもの
2017年3月3日

本のフェス2017 @神楽坂 日本出版クラブ会館
3月12日(日)10時~19時開催 

このエントリーをはてなブックマークに追加
3月12日(日)、東京・神楽坂の日本出版クラブ会館で「本のフェス」2017が開催される。昨年、神宮外苑の京都造形芸術大学で開催され、好評を博したイベントの2回目で、新しい本の祭典として注目を集めている。今回「本のフェス」実行委員で読売新聞東京本社の植前沙希氏に今年のイベントの内容や見どころをうかがった。

昨年の「本のフェス」の模様
「本の野外フェス」というコンセプトのもと、本好きの人はもちろん、普段あまり本に接する機会のない人も気軽に楽しめる「本のフェス」は昨年、平日開催ながら多くの来場者がつめかけた。しかし、行きたくても行けないという意見も寄せられ、今年は特に土日開催にこだわり、3月12日日曜日に本の街・神楽坂で開催することが決まった。会場の日本出版クラブ会館も出版関係者にとって馴染み深い場所で、足を運びやすい点も魅力の1つであると、今年の開催の意図を説明する。


当日は会場の日本出版クラブ会館すべてのフロアを使って様々なイベントが開催される。2階では書店や出版社がブースを出して本を販売しながら、来場者とコミュニケーションを図る場になる。昨年盛況だった本の雑誌社ブースは今年も古書店や個人書店を集め、本を並べる連合ブースをつくる他、個性的な出版社が軒を連ねる。


イベントの目玉の1つ、「次世代の読書芸人」企画は今回、水道橋博士氏がプレゼンターとなり、後輩の若手お笑い芸人3人と水道橋博士氏の著書『藝人春秋』をテーマに読書トークを繰り広げる。一コマ30分で若手お笑い芸人が2人ずつ登場する。計3回のイベントの後にどの芸人がオススメ上手だったか来場者投票をもとに決める。本好きの人、お笑い好きの人が垣根を超えて楽しめる催しになるだろう。

土日の神楽坂はファミリー層が多く、親子で楽しめるイベントも用意される。そのうちの1つが辞書引き学習法でお馴染みの深谷圭助氏による『辞書引き学習体験』、もう1つが人気声優グループ「elfin’」による児童書の読み聞かせである。


「本のフェス」ではお酒を嗜みながら本を味わう大人向けの企画もあり、3階バーラウンジを使った「スナック乱丁」は神楽坂・かもめブックス店主の柳下恭平氏がプロデュース。終日お酒を飲みながらミステリー系の本の試し読みができる。他にも夕方から1階ラウンジで「いか文庫」コーナーを設置。「すごい旅人求人サイト SAGOJO」とのコラボイベントをひらく。

出版イベントで欠かせない人気作家によるトークイベントには今年石田衣良氏が「“思いつき”からはじめる小説の書き方」のコーナーで登場する。


日本出版クラブ会館隣の駐車場スペースを使った産直市、移動式本屋の「BOOK ROUTE」、ミュージシャン達による青空ライブ等の屋外イベントが行われる上、神楽坂駅周辺では神楽坂ブック倶楽部が「一箱古本市」等を同時開催しているため、神楽坂の街が一体となって本のお祭りで盛り上がる。

最後に「本のフェス」2017への意気込みを伺った。「読書愛好家の方もビギナーの方も、「本のフェス」に参加していただければ、未知の本と出合うことが出来ます。様々なジャンルの本が眼前に広がる上、どなたでも楽しめる企画をたくさん用意していますので、気軽に立ち寄って、この新しい本のイベントを体験してみてください。昨年好評だった駅弁売りの箱に本を入れて販売する「駅弁本屋」という企画では、普段接する機会のない出版社の編集者や個人書店の方と交流していただくことができ、ここでも新しい本との出合いが生まれるでしょう。実は昨年、出演者同士で新しい交流が生まれるサプライズもありました。「本のフェス」は会場にいる全員が楽しめる空間ですので、今年もみんなでこのイベントを作り上げていきたいです。イベントの詳細は公式ホームページから確認できます。またFacebook・twitterでも随時情報を更新していますので、是非「本のフェス」で検索してください」と語った。
2017年3月3日 新聞掲載(第3179号)
このエントリーをはてなブックマークに追加