別冊太陽編集部編『かこさとし 子どもと遊び、子どもに学ぶ』平凡社から刊行|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
哲学からサブカルまで。専門家による質の高い書評が読める!
~毎週金曜日更新~

▲トップへ

  1. 読書人トップ
  2. コラム
  3. 出版メモ
  4. 別冊太陽編集部編『かこさとし 子どもと遊び、子どもに学ぶ』平凡社から刊行・・・
出版メモ
2017年3月3日

別冊太陽編集部編『かこさとし 子どもと遊び、子どもに学ぶ』平凡社から刊行

このエントリーをはてなブックマークに追加
別冊太陽編集部編『かこさとし 子どもと遊び、子どもに学ぶ』が平凡社から刊行された。A4変160頁、本体2300円。


日本を代表する絵本作家の人生と作品歴を年代を追って一望する総特集。名作の数々と、創作にまつわる貴重な資料の数々を収録。


野村萬斎氏との対談「絵本と狂言が謳う人間讃歌」、加賀乙彦氏「加古里子さんとセツルメント」、辻惟雄氏「九〇歳・加古里子さんの童心」、幅允孝「世界のありのままを描く」などのエッセイ、略年譜&著作リスト、かこさとし語録、越前市の「かこさとしふるさと絵本館砳(らく)」の紹介も。平凡社TEL03・3230・6573
2017年3月3日 新聞掲載(第3179号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の中でご紹介した本