丨|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
哲学からサブカルまで。専門家による質の高い書評が読める!

▲トップへ

漢字点心
2017年3月10日

このエントリーをはてなブックマークに追加
 「コン」と音読みする漢字として、漢和辞典にも載っている。ただ、実際に用いられた例はなく、意味がはっきりしないという、なんとも不思議な漢字である。

一説によれば、下から上に書くと「進む」という意味になり、上から下に書くと「退く」という意味になるという。できあがった形は同じなのに、書き方で意味が変わってくるなんて! にわかには信じがたい。

しかし、海外で目にする日本人向けの看板などでは、たとえば「ハンバーグ」が「ハソバーグ」になっていたりする。日本語を知らない人の目には、「ン」と「ソ」は同じ形に映るのだ。異なるのは、二画目を下から書くか、上から書くか。そのわずかな違いだけで、文字として充分に機能しているのである。

だとすれば、上から書くか下から書くかで「丨」の意味が異なることだって、ありえないとは限らない。ハナからそれを信じないとすれば、それは、こちらの頭が固いだけなのかもしれない。
2017年3月10日 新聞掲載(第3180号)
このエントリーをはてなブックマークに追加