【横尾 忠則】やることやって「ハイ、サイナラ」…夢夢夢現夢夢現夢|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

  1. 読書人トップ
  2. 連載
  3. 日常の向こう側ぼくの内側
  4. 【横尾 忠則】やることやって「ハイ、サイナラ」…夢夢夢現夢夢現夢・・・
日常の向こう側ぼくの内側
2017年3月10日

やることやって「ハイ、サイナラ」…夢夢夢現夢夢現夢

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.2.27
 「人工知能が可能なら人工不老不死なんて簡単なんじゃないでしょうか? 政府がらみでやれそうですよね?」と五木寛之さんに話す夢(其ノ一)。

広大な敷地を囲む黒い森と青い空を写し込んだ湖を所有するヨーロッパの田舎の館。ここで絵を描きながら余生を送ろう。早速、湖にメダカを放流しようとする夢(其ノ二)。

成城の駅前で久米宏さんにバッタリ会う。「ご紹介したい方がいるので、そこまでご足労願えますか?」と立派なお屋敷に案内される。家の中から現われた二人のご婦人が「あら、昨日は色紙を頂いたばかり――」。「アレッ!? お互いにご存知なの?」と久米さんポカンとする夢(其ノ三)。

アトリエで鶴田浩二の歌を聴く。難聴で他の人の歌は聴きづらいが彼の歌は何んとか聴ける。ノスタルジックでエキゾチック、そして死の香りが何んとなく谷崎潤一郎の異国小説を想わせなくもない。

2017.2.28
 最もニガ手な科学の時間に先生が質問をする。「液体は何を基準に計るか?」そんなもん知るもんか、と思った途端頭に「温度!」と浮かんだ。「温度」と答えると先生は「正解!」と言った。こんな風に次々と質問に答えていくと全部「正解!」だった、という夢(其ノ一)。

唐十郎さんと道で立ち話。「どう?」と聞くと「本調子じゃないけど元気だよ」と言う。「じゃ、またポスターを作ろうか」と言って別れる夢(其ノ二)。

「百人乗りのバスがハイジャックされて崖から転落して大勢のケガ人が出たけれどケガ人だけは病院に運ばれた」と野見山暁治さんが話す夢(其ノ三)。

町田市立国際版画美術館の滝沢さんに版画の刷り工房名を聞かれるが何ひとつ覚えてない。まるで百条委員会に引っぱり出されて「記憶にございません」を連発する人みたい。

2017.3.1
 六時起床。「日本霊異記」を読む。こっちの方がうんと夢らしい。こちらの世界とあちらの世界を股げた因果応報の物語は週刊誌やテレビのスキャンダルなどちょろこいもんや。

夜は上田閑照著『西田幾多郎』を読む。これがまた面白くって就寝時間超越。

2017.3.2
 大阪のホテルで夕食のあと、フト郷里の実家に帰りたくなって神戸まで行くが最終バスの出たあと。両親に「今から帰る」と言ったわけではないので明日帰ればいいやと思うが、よく考えてみれば実家もないし、両親は50年前に死んでるやんか、と思う夢(其ノ一)。

テレビのキャスターを対象に心理テストを行うセミナーの教師になるが、ぼくの言うことに「訳わからん!」と怒る人がいてケンカになる夢(其ノ二)。

久し振りの雨にメダカの甕が増水するかと思うと嬉しくなる。

アトリエで昼寝をしていたら山田洋次さんが「帝国劇場で音楽劇『マリウス』の稽古をしているので観に来ませんか」と来訪。月曜日に行くことにする。

かまやつひろしさんが死去。その昔、尾藤イサオさんと一緒に遊びに来たことがあったっけ。ニコニコしているだけでほとんどしゃべらない人だったのでこちらがえらいおしゃべりのように思われたんじゃないかな。
十和田市現代美術館館長の小池一子さんと(撮影・徳永明美)

2017.3.3
 昨日の夢はあれで終ったと思っていたら、今朝、再び郷里に帰ることになった。だけど東京に帰るお金が一銭もない。実家にも一銭もないという。お金の工面に頭を悩ます夢だった。

十和田市現代美術館の館長小池一子さん来訪。美術館内、または市内のどこかに以前作ったモーツァルトが弥勒菩薩のポーズをしている彫像のマケットを制作したが、それをウンと大きくして実現させたいという相談に。

2017.3.4
 磯﨑憲一郎さんが神戸の展覧会のカタログに面白い文章を書いてくれたので、「そのお礼にというわけでもないけれど、食事をしようよ」と誘う。いつ電話をしても小説を書いている最中だ。彼に限らず小説家は皆そうだ。草間彌生さんみたいに描きまくる人は特別だけどぼくは気の向いた時しか仕事はしません。

公園のテラスでいつも宗教書を読んでいるおばあちゃんは隣のテーブル。そこへ小さい鼻たれ小僧がきてポカンと人の顔を見る。田舎の子かね、この鼻たれ坊主は。

フェリーニとヴィスコンティのライバル物語のドキュメントを観る。向こうはいい番組作るよね。

ベッドの中で吉田麻子著『平田篤胤』を読む。この間の西田幾多郎も面白かったけれどこれも面白い。

2017.3.5
 長友啓典君が死んだ!「何んでや?」 二ヶ月ちょっとで知り合い七人も、は多過ぎるよ。大半の人がやることやって「ハイ、サイナラ」って感じ。そんな印象を受ける。まだ生きているということはやることが残っているということかな?

遅い午後、gggの北沢さんから電話で長友君から二週間前に病院から電話があったそうだが見舞も禁じられている状態だったと言う。なんでもガンが転移したらしい。

びわ湖毎日マラソンを録画で。アフリカ勢に押されて当分の間は日本からスター選手は出ないんじゃない。
2017年3月10日 新聞掲載(第3180号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
横尾 忠則 氏の関連記事
日常の向こう側ぼくの内側のその他の記事
日常の向こう側ぼくの内側をもっと見る >
芸術・娯楽 > 美術関連記事
美術の関連記事をもっと見る >