読書人よ、集まれ!

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

  1. 読書人トップ
  2. 学問・人文
  3. 民俗学・人類学
受賞 第27回 Bunkamuraドゥマゴ文学賞 贈呈式
学問・人文 > 民俗学・人類学
2017年11月3日
読書人紙面掲載 書評 ネット時代の崩れゆく個人と社会に再生のヒントを与えてくれる
都市と野生の思考
著 者:鷲田 清一、山極 寿一
出版社:集英社インターナショナル
学問・人文 > 民俗学・人類学
2017年10月9日
読書人紙面掲載 書評 「未来」をも探る民俗学 トピカ的な知に満ちた稀有の書
21世紀の民俗学
著 者:畑中 章宏
出版社:KADOKAWA
学問・人文 > 民俗学・人類学
2017年10月2日
読書人紙面掲載 書評 国人のこころの誌し 島の特徴と独自性とは
与那国島誌 東アジアの南向き玄関口
著 者:宮良 作、宮良 純一郎
出版社:南山舎
学問・人文 > 民俗学・人類学
2017年9月18日
読書人紙面掲載 書評 ソシュールとは何者だったのか? 私たち自身に突きつけられた問題――「歴史と伝説」
伝説・神話研究
著 者:フェルディナン・ド・ソシュール
翻訳者:金澤 忠信
出版社:月曜社
学問・人文 > 民俗学・人類学
2017年8月21日
読書人紙面掲載 書評 民俗・歌謡研究の優れた論考 在野の研究者としての強みを生かす
八重山諸島の稲作儀礼と民俗
著 者:石垣 繁
出版社:南山舎
学問・人文 > 民俗学・人類学
2017年8月7日
読書人紙面掲載 書評 風土の普遍性を語る写真家 読者は共通性と地域差に思いを巡らせる
写真民俗学―東西の神々
著 者:芳賀 日出男
出版社:KADOKAWA
学問・人文 > 民俗学・人類学
2017年7月3日
読書人紙面掲載 書評 一地域社会を考察した言語表現のあり方や解読の方法を明らかに
おもろさうし研究
著 者:島村 幸一
出版社:角川文化振興財団
学問・人文 > 民俗学・人類学
2017年6月26日
読書人紙面掲載 書評 失われた文脈を求めて ある「発見」を軸にして柳田のテクストを再読
アナキスト民俗学 尊皇の官僚・柳田国男
著 者:カ 秀実、木藤 亮太
出版社:筑摩書房 
学問・人文 > 民俗学・人類学
2017年6月12日
読書人紙面掲載 書評 遊女の地位の変容(低下)を論じる 日本史学以外の研究にも目配り
中世の〈遊女〉生業と身分
著 者:辻 浩和
出版社:京都大学学術出版会
学問・人文 > 民俗学・人類学
2017年6月12日
読書人紙面掲載 書評 変わることは急務 「当事者の視点」を持つ人類学者の記述
革をつくる人びと 被差別部落、客家、ムスリム、ユダヤ人たちと「革の道」
著 者:西村 祐子
出版社:解放出版社
学問・人文 > 民俗学・人類学
2017年5月15日
読書人紙面掲載 書評 壮大なスケールの本家父長制の起源を「魔女狩り」に見出す
キャリバンと魔女 資本主義に抗する女性の身体
著 者:シルヴィア・フェデリーチ
出版社:以文社
学問・人文 > 民俗学・人類学 > 女性観
2017年5月1日
読書人紙面掲載 書評 原典の読みを縦糸に、著者によるフィールドワークの成果を横糸に
忘れられた人類学者(ジャパノロジスト) 〜エンブリー夫妻が見た〈日本の村〉
著 者:田中 一彦
出版社:忘羊社
学問・人文 > 民俗学・人類学
2017年4月17日
読書人紙面掲載 書評 冷静な分析と解読 現在を「考えなおす」うえで、必読の論集
社会的分断を越境する
出版社:青弓社
学問・人文 > 民俗学・人類学
2017年3月31日
読書人紙面掲載 書評 多層的なセクシュアリティ文化論 ◇文化の本質を明るみに◇ 九名の論者がそれぞれの視点から迫る 
セクシュアリティとヴィクトリア朝文化
出版社:彩流社
学問・人文 > 民俗学・人類学
2017年3月3日
読書人紙面掲載 書評 マクロとミクロの視点でみる江戸時代の授乳・離乳の営み
江戸の乳と子ども いのちをつなぐ
出版社:吉川弘文館
学問・人文 > 民俗学・人類学 > 女性観
2017年3月3日
読書人紙面掲載 書評 複数種の人文学へ 「人間的なるもの」を越える創発的応答
鳥と人間をめぐる思考: 環境文学と人類学の対話
出版社:勉誠出版
学問・人文 > 民俗学・人類学
2017年2月24日