読書人よ、集まれ!
▶メールマガジン登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

新 着
柳瀬氏が虚言で頑張る理由 田原総一朗の取材ノート 膀胱炎になってもいいからこの人の隣りを今は離れたくない柴田瞳『月は燃え出しそうなオレンジ』(2004) 現代短歌むしめがね  漢字点心 エイ、ヤッとドンデン返し 狂気と破壊が絵を救う 日常の向こう側ぼくの内側 本紙がインタビューを行なった場所は 編集室から 本の国へようこそ 第94回 加古里子 本の国へようこそ 八重山暮らし(41) 八重山暮らし オオグソクムシの本 森山 徹著 新刊 経済学という学問をより身近な存在へ コンパクトで鮮やかな経済思想史入門若い読者のための経済学史:ナイアル・キシテイニー/すばる舎  読書人紙面掲載 書評 価値観の違いを超えて対話を行うために 人間の肉食行為に関わる議論を明確にする肉食行為の研究:野林 厚志/平凡社 読書人紙面掲載 書評 世界への愛―危機の時代における希望の原理現代の危機と哲学:森 一郎/放送大学教育振興会 読書人紙面掲載 書評 言葉はいかに水際を攻められるか湖畔の愛:町田 康/新潮社 読書人紙面掲載 書評 作者の願いが最も幸せに結実した短篇集東十条の女:小谷野 敦/幻戯書房 読書人紙面掲載 書評 息苦しさ/生き苦しさに風穴を開ける混淆や越境独り舞:李 琴峰/講談社 読書人紙面掲載 書評 読みだしたら止まらない新人とは思えぬ力量を感じさせる佳品サンクトウム・コルプス:松本 のぼる/リトル・ガリヴァー社 読書人紙面掲載 書評 連 載 溝口健二と小津安二郎 ジャン・ドゥーシェ氏に聞く56 ジャン・ドゥーシェ氏に聞く「映画/映画作家/映画批評」 現実の根の深さを浮き彫りに 読む人を抵抗なく沖縄問題にいざなうOKINAWA 1965:都鳥 伸也、佐野 亨/七つ森書館 読書人紙面掲載 書評 戦争文化史の重厚な研究書日本の“非戦”思想の源泉を丹念にたどる戦争文化と愛国心 非戦を考える:海老坂 武/みすず書房 読書人紙面掲載 書評 一人の熱意が周囲を動かし歴史ある建物が遺されていく木造モダニズム建築の傑作 聴竹居 発見と再生の22年:松隈 章/ぴあ 読書人紙面掲載 書評 「検閲」の実態を俯瞰 歴史的事実に興趣は尽きない空気の検閲 大日本帝国の表現規制:辻田 真佐憲/光文社 読書人紙面掲載 書評
今週号の目次
3239号
カテゴリ
ネットギャリー
文芸同人誌広場
ひらめきブックレビュー
ここを伝えたい!本の編集者より ベラスケスとひとりの男
消えたベラスケス
著 者:ローラ・カミング
翻訳者:五十嵐 加奈子
出版社:柏書房
(この本の編集者)八木 志朗
2018年4月16日
読書人紙面掲載 書評 思考の変遷を“苛烈に追体験” 
ジャーナリズムを真正面から問い続ける著者
ジャーナリズムの実践 主体・活動と倫理・教育2(2011~2017)
著 者:花田 達朗
出版社:彩流社
(評者)高田 昌幸
2018年4月14日
読書人紙面掲載 書評 現実は小説よりも奇なり 
スパイの本場イギリスの興趣の尽きない書
英国スパイ物語
著 者:川成 洋
出版社:中央公論新社
(評者)吉田 一彦
2018年4月14日
ジャパンナレッジ
ネットギャリー
読書人紙面掲載 書評 カフェーでの人間模様 
近現代史の一コマも垣間見られる
銀座カフェー興亡史
著 者:野口 孝一
出版社:平凡社
(評者)森 彰英
2018年4月14日
読書人紙面掲載 書評 数奇な運命を生き延びた若き歯科医の証言
アウシュヴィッツの歯科医
著 者:ベンジャミン・ジェイコブス
出版社:紀伊國屋書店
(評者)西野 智紀
2018年4月14日
読書人紙面掲載 書評 哲学を生きる 
ハイデガーが残した問題から豊かな洞察を引き出す
世代問題の再燃 ハイデガー、アーレントとともに哲学する
著 者:森 一郎
出版社:明石書店
(評者)梶谷 真司
2018年4月14日
読書人紙面掲載 書評 現代日本の思想誌の最良の命脈を継承
多様体 第1号:人民/群衆
著 者:栗原 康、小泉 義之、佐藤 嘉幸、吉田 裕、西山 雄二、奥野 正二郎、中井 亜佐子、溝口 昭子、大江 倫子、丸山 真幸
編 集:月曜社
出版社:月曜社
(評者)宮﨑 裕助
2018年4月14日
読書人紙面掲載 書評 入門書として最適 
ルーマン理論の哲学的エッセンスに光を当てる
ラディカル・ルーマン ――必然性の哲学から偶有性の理論へ
著 者:ハンス=ジョージ・メラー
出版社:新曜社
(評者)小山 裕
2018年4月14日
読書人紙面掲載 書評 複眼的思考の必要性 
国民国家の単一性を問い直す
ピエ・ノワール列伝 人物で知るフランス領北アフリカ引揚者たちの歴史
著 者:大嶋 えり子
出版社:パブリブ
(評者)岩野 卓司
2018年4月14日
読書人紙面掲載 書評 フクシマ以後の原発文学の中で最も本質を衝いた小説
重力の帝国 世界と人間の現在についての十三の物語
著 者:山口 泉
出版社:オーロラ自由アトリエ
(評者)黒古 一夫
2018年4月14日
読書人紙面掲載 書評 ガルシア=マルケス的要素とバルガス=リョサの語り
外の世界
著 者:ホルヘ・フランコ
出版社:作品社
(評者)柳原 孝敦
2018年4月14日
次の30件を見る
1 2 3 4 6 7 109