読書人よ、集まれ!
▶メールマガジン登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

新 着
柳瀬氏が虚言で頑張る理由 田原総一朗の取材ノート 膀胱炎になってもいいからこの人の隣りを今は離れたくない柴田瞳『月は燃え出しそうなオレンジ』(2004) 現代短歌むしめがね  漢字点心 エイ、ヤッとドンデン返し 狂気と破壊が絵を救う 日常の向こう側ぼくの内側 本紙がインタビューを行なった場所は 編集室から 本の国へようこそ 第94回 加古里子 本の国へようこそ 八重山暮らし(41) 八重山暮らし オオグソクムシの本 森山 徹著 新刊 経済学という学問をより身近な存在へ コンパクトで鮮やかな経済思想史入門若い読者のための経済学史:ナイアル・キシテイニー/すばる舎  読書人紙面掲載 書評 価値観の違いを超えて対話を行うために 人間の肉食行為に関わる議論を明確にする肉食行為の研究:野林 厚志/平凡社 読書人紙面掲載 書評 世界への愛―危機の時代における希望の原理現代の危機と哲学:森 一郎/放送大学教育振興会 読書人紙面掲載 書評 言葉はいかに水際を攻められるか湖畔の愛:町田 康/新潮社 読書人紙面掲載 書評 作者の願いが最も幸せに結実した短篇集東十条の女:小谷野 敦/幻戯書房 読書人紙面掲載 書評 息苦しさ/生き苦しさに風穴を開ける混淆や越境独り舞:李 琴峰/講談社 読書人紙面掲載 書評 読みだしたら止まらない新人とは思えぬ力量を感じさせる佳品サンクトウム・コルプス:松本 のぼる/リトル・ガリヴァー社 読書人紙面掲載 書評 連 載 溝口健二と小津安二郎 ジャン・ドゥーシェ氏に聞く56 ジャン・ドゥーシェ氏に聞く「映画/映画作家/映画批評」 現実の根の深さを浮き彫りに 読む人を抵抗なく沖縄問題にいざなうOKINAWA 1965:都鳥 伸也、佐野 亨/七つ森書館 読書人紙面掲載 書評 戦争文化史の重厚な研究書日本の“非戦”思想の源泉を丹念にたどる戦争文化と愛国心 非戦を考える:海老坂 武/みすず書房 読書人紙面掲載 書評 一人の熱意が周囲を動かし歴史ある建物が遺されていく木造モダニズム建築の傑作 聴竹居 発見と再生の22年:松隈 章/ぴあ 読書人紙面掲載 書評 「検閲」の実態を俯瞰 歴史的事実に興趣は尽きない空気の検閲 大日本帝国の表現規制:辻田 真佐憲/光文社 読書人紙面掲載 書評
今週号の目次
3239号
カテゴリ
ネットギャリー
読書人紙面掲載 書評 日本絶望工場 
「蟹工船」がここにも稼働している
光点
著 者:山岡 ミヤ
出版社:集英社
(評者)楜沢 健
2018年4月14日
文芸同人誌広場
ひらめきブックレビュー
ジャパンナレッジ
ネットギャリー
読書人紙面掲載 書評 二つの「考古学」から「系譜学」へ 
フーコーの哲学的方法を明らかにする
ミシェル・フーコー、経験としての哲学 方法と主体の問いをめぐって
著 者:阿部 崇
出版社:法政大学出版局
(評者)佐藤 嘉幸
2018年4月7日
読書人紙面掲載 書評 演出家、ストローブ&ユイレ 
一四の論考を四部構成で収録
ストローブ=ユイレ シネマの絶対に向けて
著 者:渋谷 哲也
出版社:森話社
(評者)伊藤 洋司
2018年4月7日
読書人紙面掲載 書評 與那覇 潤著 知性は死なない
知性は死なない 平成の鬱をこえて
著 者:與那覇 潤
出版社:文藝春秋
2018年4月7日
読書人紙面掲載 書評 深い敬愛を基調に 
「姉貴」の軌跡を追う「弟」の確かな足取り
津島佑子 光と水は地を覆えり
著 者:川村 湊
出版社:インスクリプト
(評者)谷口 幸代
2018年4月7日
読書人紙面掲載 書評 小説が禁止された時、物書きはどのように振る舞い何を書くべきか
小説禁止令に賛同する
著 者:いとう せいこう
出版社:集英社
(評者)藤田 直哉
2018年4月7日
読書人紙面掲載 書評 テキストが孕む内なる運動 
語ることで可視化した営為の記録
ジェンダー写真論 1991-2017
著 者:笠原 美智子
出版社:里山社
(評者)日高 優
2018年4月7日
読書人紙面掲載 書評 予想外の「暴君誕生」をめぐる傑作の「小ネタ集」が映し出すアメリカ政治の闇
炎と怒り
著 者:マイケル・ウォルフ
出版社:早川書房
(評者)前嶋 和弘
2018年4月7日
次の30件を見る
1 4 5 7 8 109