読書人よ、集まれ!

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

新 着
逸話が明かす文学の京都学派 新時代の「實事求是」を求めて京都学派 酔故伝:櫻井 正一郎/京都大学学術出版会 読書人紙面掲載 書評 日本人の面影の正体 「擬」の本質を知ることは 日本の「本来」を解義すること擬 MODOKI 「世」あるいは別様の可能性:松岡 正剛/春秋社 読書人紙面掲載 書評 学際的で斬新な視点と刺激的な見解を開示縄文人はなぜ死者を穴に埋めたのか:大島 直行/国書刊行会 読書人紙面掲載 書評 過去と現代をつなぐ重要な史実ゲバラ思想を今に引き寄せて考える 『エルネスト』オフィシャルブック〈もう一人のゲバラ〉:阪本 順治/キノブックス 読書人紙面掲載 書評 北野 武著 『新しい道徳 』「いいことをすると気持ちがいい」のはなぜか金沢星稜大学 山口 三耶子新しい道徳 「いいことをすると気持ちがいい」のはなぜか:北野 武/幻冬舎 読書人紙面掲載 書評 入江一子著  101歳の教科書 ―シルクロードに魅せられて― 新刊 学問的信念とは何か大学のいまを知る入門書 さまざまな観点から「病」を摘出「大学改革」という病   学問の自由・財政基盤・競争主義から検証する:山口 裕之/明石書店 読書人紙面掲載 書評 奇妙な現実を読み解くために 核エネルギーのイメージを見つめ直す核の恐怖全史 核イメージは現実政治にいかなる影響を与えたか:スペンサー・R・ワート/人文書院 読書人紙面掲載 書評 社会的なものの問い  ――アクセル・ホネットの現在――私たちのなかの私 承認論研究:アクセル・ホネット/法政大学出版局 読書人紙面掲載 書評 暴力的な現実世界と物語内の虚構世界を一続きに感じさせる見事な手腕密告者:フアン・ガブリエル・バスケス/作品社 読書人紙面掲載 書評 嘘を巧みに組み合わせた複層的な物語運命と復讐:ローレン・グロフ/新潮社 読書人紙面掲載 書評 “笑劇”を呼ぶ脱力系小説 ユーモア&ペーソス、そしてきらめき踊る星座:青山 七恵/中央公論新社 読書人紙面掲載 書評 鎮魂の家族史 どんな時代の中でも懸命に生きた人間の姿焼け跡のハイヒール:盛田 隆二/祥伝社 読書人紙面掲載 書評 若田部昌澄・栗原裕一郎 対談本当の「行動経済学」の話をしよう『かくて行動経済学は生まれり』(文藝春秋)、『行動経済学の逆襲』(早川書房) 読書人紙面掲載 特集 行動経済学ってなんかアヤしい! 編集室から 第70回 野間文芸賞 第55回 野間児童文芸賞 第39回 野間文芸新人賞 決 定 受賞 第47回 野間読書推進賞 受賞 Handmade MAKERS' パシフィコ横浜展示ホールで開催! トピック ベストセラー告知板 2017-11-17 【八重洲ブックセンター/経済・経営】 ベストセラー告知 第17回河合臨床哲学シンポジウム(12月10日) 「非人称・前人称・無人称」 催しもの
読書人紙面掲載 書評 「捻転した現実」を提示するメタフィクションを越えた文学
R帝国
著 者:中村 文則
出版社:中央公論新社
(評者)町口 哲生
2017年10月21日
読書人紙面掲載 書評 幽霊から見えてくる人生の妙 
綿密な取材とともに繊細な物語が綴られる
ゴースト
著 者:中島 京子
出版社:ゴースト
(評者)東 直子
2017年10月21日
読書人紙面掲載 書評 生きる苦しみを抱えている人たちの物語 
自分の断片がそこかしこに散りばめられているように
日曜日の人々(サンデー・ピープル)
著 者:高橋 弘希
出版社:講談社
(評者)砂川 秀樹
2017年10月21日
文芸同人誌広場
読書人紙面掲載 書評 主流に属さない立場から揺さぶりをかける他者の文学
シンパサイザー
著 者:ヴィエト・タン・ウェン
出版社:早川書房
(評者)山田 文
2017年10月21日
読書人紙面掲載 書評 閉塞感に抗うために 
未来のない絶望の感覚を理解させる取材
マフィア国家 メキシコ麻薬戦争を生き抜く人々
著 者:工藤 律子
出版社:岩波書店
(評者)星野 智幸
2017年10月21日
読書人紙面掲載 書評 ◇本書が一つの道標に◇ 
本質を考えるための視点を与える
歌舞伎とはいかなる演劇か
著 者:武井 協三
出版社:八木書店古書出版部
(評者)倉橋 正恵
2017年10月21日
読書人紙面掲載 書評 シベリア抑留について知る旅は、自分自身について深く考える旅に
記憶の中のシベリア
著 者:久保田 桂子
出版社:垣内出版
(評者)城戸 久枝
2017年10月21日
ひらめきブックレビュー
読書人紙面掲載 書評 「心の内」の正体を探す 
本書が示したものは「敵対」や「憎悪」を煽る物語ではない
おクジラさま   ふたつの正義の物語
著 者:佐々木 芽生
出版社:集英社
(評者)綿井 健陽
2017年10月21日
【書評キャンパス】大学生がススメる本 伊坂幸太郎著『SOSの猿』
大正大学 河野 竣伍
SOSの猿
著 者:伊坂 幸太郎
出版社:中央公論新社
(評者)河野 竣伍
2017年10月21日
読書人紙面掲載 書評 キリスト教神学のモチーフを取り出す 
『存在と時間』入門を超える入門書
ハイデガー『存在と時間』入門
著 者:轟 孝夫
出版社:講談社
(評者)茂 牧人
2017年10月21日
読書人紙面掲載 書評 新たな発見と理解の喜び 
知的な興奮との遭遇
「維新革命」への道―「文明」を求めた十九世紀日本―
著 者:苅部 直
出版社:新潮社
(評者)菅原 光
2017年10月21日
読書人紙面掲載 書評 哲学の根本問題に立ち向かう 
『弁神論』を読み解くために
ライプニッツの創世記 自発と依存の形而上学
著 者:根無 一信
出版社:慶應義塾大学出版会
(評者)長綱 啓典
2017年10月21日
読書人紙面掲載 書評 定型発達に先行するもの 
「構想力」について考える
自閉症の哲学
著 者:相川 翼
出版社:花伝社
(評者)可能 涼介
2017年10月21日
ジャパンナレッジ
ここを伝えたい!本の編集者より 小説家吉村昭研究者必携の研究辞典
吉村昭3000(アイウエオ順吉村昭辞典)
著 者:桑原 文明
出版社:吉村昭研究会
(この本の編集者)深谷 眞志
2017年10月19日
次の30件を見る
1 4 5 7 8 79