読書人よ、集まれ!

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

  1. 読書人トップ
  2. ニュース
  3. ネットギャリー新着情報
今週号の目次
3228号

ネットギャリー
?php echo h($content_name); ?>
ネットギャリー新着情報
発売前の本の“ゲラ”が読める「NetGalley」の新着情報をお知らせするコーナーです。気になる本があれば、「NetGalley」でリクエストしてみましょう! ※過去の掲載分については、ゲラの公開期間が終了している場合もございますので予めご承知おきください。
NetGalleyの詳細はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
ネットギャリー 発達障害のある子と家族の支援
著 者:中田 洋二郎
出版社:学研プラス
発達障害のある子の保護者が障害受容し前向きに育てられるようにするために、支援者が必要とされる知識・サポート方法を事例とともに紹介。ペアレント・トレーニングのノウハウもわかる。保護者にとっても、支援者の見方を知ることで協力関係を築きやすくなる・・・続きをネットギャリーで読む
ネットギャリー 忘れられたベストセラー作家
著 者:小谷野 敦
出版社:イースト・プレス
文学史に名を刻む、森鷗外、夏目漱石、島崎藤村、志賀直哉、芥川龍之介、川端康成、…… しかし、「文豪」と崇められる大作家よりも遙かに「売れた」作家は数多くいた!・・・続きをネットギャリーで読む
ネットギャリー 日報隠蔽 南スーダンで自衛隊は何を見たのか
著 者:布施 祐仁、三浦 英之
出版社:集英社
自衛隊に駆け付け警護が付与された南スーダンPKO。 在野のジャーナリストによる情報公開請求に端を発した疑惑は、防衛大臣など最高幹部の引責辞任という前代未聞の結末を迎えた。 現地の状況を記した「日報」はなぜ隠されたのか。 首都・ジュバでは、一体何が起きていたのか。 この問題は我々に何を問うているのか──?・・・続きをネットギャリーで読む
ネットギャリー ぼくと仕事、ぼくと子ども
著 者:影山 大祐
出版社:トランスビュー
絵本作家のきくちちき氏ら、30代から40代前半で子どもに関係する仕事をしている父親10人へインタビュー。父親と子どもが、大人と子どもが、一緒に生きてゆく社会を日々の営みの中から考える。 仮フランス装、親子をイメージした2本のしおり(太・細)など、雰囲気のある造本。いつか自分とおなじ齢になった子どもに読んでほしい手紙のような1冊です。・・・続きをネットギャリーで読む
ネットギャリー ファンベース 支持され、愛され、長く売れ続けるために
著 者:佐藤 尚之
出版社:筑摩書房
「ファンベース」とは、ファンを大切にし、ファンをベースにして、中長期的に売上や価値を上げていく考え方である。今、最も大切なマーケティングはこれだ!・・・続きをネットギャリーで読む
ネットギャリー SALES GROWTH 世界のセールス・エグゼクティブが伝える5つの実績ある戦略
著 者:トーマス・バウムガルトナー、オマユーン・アタミ、マリア・ヴァルディヴィエソ
出版社:TAC出版
今日のセールス・エグゼクティブ(営業部門の幹部)に課せられた使命は、市場平均レベルをはるかに上回る、大きな売上成長を実現することです。 本書は、マッキンゼー・アンド・カンパニーの専門家が、アディダスやアメリカン・エキスプレス、BMW、ザコカ・コーラカンパニー、ドイツ銀行、日産自動車、P&G、Googleといったリーディングカンパニーを率いる、総勢200名以上のトップリーダーにインタビューを行い、課題をどのように克服してきたかを紹介、そこから得られた知見について、詳細に解説していきます。 売上拡大にとって欠かせない5つの営業戦略を知り、必要なアクションをとることで、あなた自身が率いる企業の売上を大きく拡大できます。・・・続きをネットギャリーで読む
ネットギャリー ニッポンの肉食 マタギから食肉処理施設まで
著 者:田中 康弘
出版社:筑摩書房
実は豊かな日本の肉食文化。誤解の多い食肉にまつわる歴史をひもとき、また畜産肉の生産と流通の仕組み、国内で捕れる獣肉の特徴、現在の食肉処理場や狩猟現場を写真多数で紹介、解説します。・・・続きをネットギャリーで読む
ネットギャリー 炎上! 一〇〇円ライター始末記 マスコミ業界誌裏道渡世
著 者:岩本 太郎
出版社:出版人
大卒で上京、コワオモテで知られた出版・広告業界誌稼業に就く。以来三〇年に及ぶマスコミ業界誌裏道渡世を暴露。森達也氏絶賛!! 「ひりひりする。メディアなら歯を食いしばってでも名前を晒すべき。でもそれは痛い。つらい。申し訳ない。そして滑稽だ。ひとつだけ言えること。ここには『終わりかけたあの時代』がある」 1988年に盛岡の大学を卒業して、何のツテもないまま東京に出てきた岩本太郎はひょんな偶然から、当時赤坂にあった社長がコワオモテで有名な出版・広告業界誌を発行する会社に入社する。それが今日に至るまでの約30年に及ぶ記者稼業の始まりであった。その会社の名前は、東京アドエージ。聞くところによると、『噂の真相』を創刊した岡留安則も同社のOBだったという。その後も『宣伝会議』『創』『GALAC』などで活躍。そんな岩本太郎がマスコミ業界誌裏道渡世を暴露する!・・・続きをネットギャリーで読む
ネットギャリー 「若者」をやめて、「大人」を始める 「成熟困難時代」をどう生きるか?
著 者:熊代 亨
出版社:イースト・プレス
気が付いたらもう“いい歳”。 立派な「大人」になれた実感はありますか? リアリティと現実のギャップに戸惑う人びとへ、新たな指針を示す人生論。 人生の選択肢が多様に広がったからこそ、生き方が定まりにくい。 それでも月日は流れ、いやおうなく私たちは年老いていきます。 「成熟のロールモデル」が見えなくなった現代において、 「若者」の立場を卒業し、「大人」を実践するとはどういうことか? 異なる世代との接し方、恋愛・結婚観、趣味との付き合い方。 充実した人生を送るためのヒント。・・・続きをネットギャリーで読む
ネットギャリー 誰もが嘘をついている ビッグデータ分析が暴く人間のヤバい本性
著 者:セス・スティーヴンズ=ダヴィドウィッツ
翻訳者:酒井 泰介
出版社:光文社
●人は実名SNSでの投稿や従来のアンケート調査では見栄を張って嘘をつく一方、匿名の検索窓には本当の欲望や悩みを打ち明けている。グーグル、SNS、ポルノサイトの検索データなど、ありとあらゆる「ビッグデータ」が利用可能になり、それを分析する手法が確立された今、通説とはまったく違う人間の本性が明らかになる!●グーグルの元データサイエンティストで、ニューヨーク・タイムズにも寄稿する著者が、グーグルの検索データを分析して米国の隠れた人種差別を暴くのを皮切りに、男女の性的な悩みや願望から、名門校入学の効果、借金を返す人と踏み倒す人の差まで、豊富な事例で人間と社会の真実を明かしていく。●ビッグデータとは何なのか、どこにあるのか、それで何ができるのかをわかりやすく解説する一方、データ分析にまつわる罠、乱用の危険や倫理的問題にも触れる。ビッグデータ分析による社会学を「本当の科学」にする一冊!・・・続きをネットギャリーで読む
このエントリーをはてなブックマークに追加