哲学からサブカルまで。専門家による質の高い書評が読める!
~毎週金曜日更新~

▲トップへ

  1. 読書人トップ
  2. 人物
  3. 宮内 悠介
宮内 悠介(みやうちゆうすけ)作家
宮内 悠介
みやうちゆうすけ
作家
『盤上の夜』で第百四十七回直木賞候補と第三十三回日本SF大賞受賞、『ヨハネスブルグの天使たち』で第百四十九回直木賞候補と第三十四回日本SF大賞特別賞受賞など、エンタテインメントの分野で活躍。 日系アメリカ女性を主人公に、母と娘の確執を描いた新作「カブールの園」が第百五十六回芥川賞の候補作となり話題を呼んだ。結果は最終選考に残った二作のうちの一作となりながら惜しくも受賞は逃したのだが、今後もエンタテインメントと純文学を横断して作品を発表してくれることが期待できる作家
このエントリーをはてなブックマークに追加