トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

平敷 兼七
平敷 兼七
へしきけんしち
写真家
写真家。日本のほかの地域にはない独特な歴史と風土ゆえに、撮られ、眼差され続けた沖縄のなかから、1970年前後に登場した沖縄の写真家たちのなかでも、ひときわ個性的な眼をもった表現者として知られる。ひたすら社会の辺縁に生きる女たちや沖縄の島々を訪ね、その陰翳にレンズを向け続けた。2008年の『山羊の肺』で伊奈信男賞を受賞し、写真界に衝撃をもって迎えられたが、その翌年惜しまれながら61歳で病没。(未來社HPより)
このエントリーをはてなブックマークに追加