読書人よ、集まれ!

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

井上 洋介
井上 洋介
いのうえようすけ
漫画家
1931年東京赤坂生まれ。2016年没。幼い時から絵描きを目指す。武蔵野美術学校(現武蔵野美術大学)の学生時代から雑誌などに漫画を投稿。それらの漫画が小島功、長新太などの漫画家の目に止まり独立漫画派に参加。1963年に私家版漫画集『サドの卵』を上梓。漫画家として生計を立て始める。1965年に一連のナンセンス漫画で第11回文藝春秋漫画賞を受賞。1960年に初めての絵本「おだんごぱん」を手がける。1969年には『くまの子ウーフ』の挿絵を担当。受賞歴多数。絵本、挿絵、漫画をなりわいとしてきたが、タブロー作品は1950年代から亡くなる2016年まで、大きな発表の場もないまま連綿と描きつづけてきた。(玉川大学出版部HPより)
このエントリーをはてなブックマークに追加