読書人よ、集まれ!

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

萩原 能久
萩原 能久
はぎわらよしひさ
作家
慶應義塾大学法学部教授。1956年生まれ。慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学。
主要著作:『ポスト・ウォー・シティズンシップの思想的基盤』(編著、慶應義塾大学出版会、2008年)、マイケル・ウォルツァー『正しい戦争と不正な戦争』(監訳、風行社、2008年)、ほか。(慶應義塾大学出版会HPより)
萩原 能久 氏の関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加