トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

▲トップへ

安本 千夏(やすもとちか)文筆業
安本 千夏
やすもとちか
文筆業
1965年生まれ。東京都出身。青山学院女子短期大学児童教育専攻科卒業。1998年に西表島に移住。2000年に八重山ミンサー後継者育成事業を修了し、沖縄県竹富町織物事業協同組合員となる。島の草木を用いた染織にいそしみながら、八重山の祭祀行事、伝統文化の取材記録を行う。現在は石垣島で写真家の夫と娘と暮らす。 ・著書 『潮を開く舟サバニ』(第1回沖縄県産本大賞受賞) 『島の手仕事 -八重山染織紀行-』(第14回パピルス賞受賞、第36回沖縄タイムス出版文化賞正賞受賞、第3回南山舎やいま文化大賞受賞) ・共著 『ミンサー全書』(第30回沖縄タイムス出版文化賞特別賞受賞) (以上、南山舎刊)
安本 千夏 氏の著書・関連書籍
このエントリーをはてなブックマークに追加