トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

山田 太一(やまだ・たいち)脚本家、小説家
山田 太一
やまだ・たいち
脚本家、小説家
脚本家、小説家。大学卒業後、松竹大船撮影所入社。演出部で木下惠介監督の助監督に。六五年、脚本家として独立。「岸辺のアルバム」「男たちの旅路」「早春スケッチブック」「想い出づくり」「ふぞろいの林檎たち」など数多くの名作テレビドラマを手がける。八八年、小説「異人たちとの夏」で山本周五郎賞、二〇一四年、エッセイ集「月日の残像」で小林秀雄賞受賞。著書、戯曲多数。一九三四年生。
このエントリーをはてなブックマークに追加