読書人よ、集まれ!
▶メールマガジン登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

新 着
第三四回 太宰治賞 贈呈式開催 受賞 第六四回 江戸川乱歩賞 決定 斉藤詠一氏「到達不能極」 受賞 第3回 ショートショート大賞 受賞 翻訳フェスティバル2018「世界の言葉をつむぐ人々」 催しもの 誰もが引き金を握っている状態 編集室から 「ゲルタ」から「ゲルダ」へ一人の女性として生き切った詳細な軌跡ゲルダ キャパが愛した女性写真家の生涯:イルメ・シャーバー/祥伝社 読書人紙面掲載 書評 世界の黒猫のエピソードすべてのページに黒猫が登場する魅惑の黒猫 知られざる歴史とエピソード:ナタリー・セメニーク/グラフィック社 読書人紙面掲載 書評 田淵行男が完全な姿で甦るナチュラリストという角度から重層的に捉えた傑出した評伝安曇野のナチュラリスト 田淵行男:近藤 信行/山と渓谷社 読書人紙面掲載 書評 「政治力」にスポットを当てる十河の人生がいかに濃密であったか新幹線を走らせた男 国鉄総裁十河信二物語:髙橋 団吉/デコ 読書人紙面掲載 書評 時代における「像」が浮かぶ日本近代史をも透かし見せる教師像の変遷教師像 文学に見る:綾目 広治/新読書社 読書人紙面掲載 書評 父性の喪失した時代にこういう時代だからこそ片岡義男を読もうこの冬の私はあの蜜柑だ:片岡 義男/講談社 読書人紙面掲載 書評 全体像を提示する試み再評価の機運を盛り上げる契機となる佐藤春夫読本:辻本 雄一、河野 龍也/勉誠出版 読書人紙面掲載 書評 グリムからはじまり柳田國男の足跡をたどるグリム童話と日本昔話  比較民話の世界:高木昌史/三弥井書店 読書人紙面掲載 書評 決定的な世代間ギャップ 田原総一朗の取材ノート パリ、五月革命の残光 ―大学改革と抵抗運動― (第一回/全四回) 西山 雄二 パリ、五月革命の残光 ―大学改革と抵抗運動― 八重山暮らし(45) 八重山暮らし 『オリジン』(KADOKAWA)刊行記念 ダン・ブラウン来日記者会見 トピック  漢字点心 いそいそと出掛くる先はトイレなり五ヶ月ぶりの家内(やぬち)の尿(ゆまり)梶原さい子『リアス/椿』(2014) 現代短歌むしめがね 今週は絵との対話。夢に死者オンパレード 日常の向こう側ぼくの内側
今週号の目次
3244号
カテゴリ
ネットギャリー
文芸同人誌広場
読書人紙面掲載 書評 「ゲルタ」から「ゲルダ」へ
一人の女性として生き切った詳細な軌跡
ゲルダ キャパが愛した女性写真家の生涯
著 者:イルメ・シャーバー
出版社:祥伝社
(評者)金子 隆一
2018年6月21日
読書人紙面掲載 書評 世界の黒猫のエピソード
すべてのページに黒猫が登場する
魅惑の黒猫 知られざる歴史とエピソード
著 者:ナタリー・セメニーク
出版社:グラフィック社
(評者)小沼 純一
2018年6月21日
読書人紙面掲載 書評 田淵行男が完全な姿で甦る
ナチュラリストという角度から重層的に捉えた傑出した評伝
安曇野のナチュラリスト 田淵行男
著 者:近藤 信行
出版社:山と渓谷社
(評者)大森 久雄
2018年6月21日
読書人紙面掲載 書評 「政治力」にスポットを当てる
十河の人生がいかに濃密であったか
新幹線を走らせた男 国鉄総裁十河信二物語
著 者:髙橋 団吉
出版社:デコ
(評者)近藤 正高
2018年6月21日
読書人紙面掲載 書評 時代における「像」が浮かぶ
日本近代史をも透かし見せる教師像の変遷
教師像 文学に見る
著 者:綾目 広治
出版社:新読書社
(評者)伊藤 氏貴
2018年6月20日
ひらめきブックレビュー
読書人紙面掲載 書評 父性の喪失した時代に
こういう時代だからこそ片岡義男を読もう
この冬の私はあの蜜柑だ
著 者:片岡 義男
出版社:講談社
(評者)岡本 勝人
2018年6月20日
読書人紙面掲載 書評 全体像を提示する試み
再評価の機運を盛り上げる契機となる
佐藤春夫読本
著 者:辻本 雄一、河野 龍也
出版社:勉誠出版
(評者)神谷 忠孝
2018年6月20日
読書人紙面掲載 書評 グリムからはじまり柳田國男の足跡をたどる
グリム童話と日本昔話  比較民話の世界
著 者:高木昌史
出版社:三弥井書店
(評者)樋口 淳
2018年6月20日
ジャパンナレッジ
ネットギャリー
読書人紙面掲載 書評 「逸脱」の概念を探照灯として、ドゥールズ哲学の全体像を描く
ドゥルーズ 常軌を逸脱する運動
著 者:ダヴィッド・ラプジャード
出版社:河出書房新社
(評者)松葉 祥一
2018年6月18日
読書人紙面掲載 書評 極めて刺激的な現代アメリカ論 
多様な視点から具体的に描く
沈まぬアメリカ―拡散するソフト・パワーとその真価―
著 者:渡辺 靖
出版社:新潮社
(評者)大西 直樹
2018年6月18日
読書人紙面掲載 書評 時代と政治状況に応える 
戦後70年の民主主義そのものを捉え直す
Q&A 朝鮮人「慰安婦」と植民地支配責任
編集者:金富子、板垣 竜太
編 集:日本軍「慰安婦」問題webサイト制作委員会
出版社:御茶の水書房
(評者)岡野 八代
2018年6月18日
【書評キャンパス】大学生がススメる本 宇野重規 著『〈私〉時代のデモクラシー』
東京大学大学院 高 琪琪
〈私〉時代のデモクラシー
著 者:宇野 重規
出版社:岩波書店
(評者)高 琪琪
2018年6月16日
読書人紙面掲載 書評 断絶にあって考えるということ 
政治哲学にこだわった哲学者
神々の闘争と政治哲学の再生──レオ・シュトラウスの政治哲学
著 者:松尾 哲也
出版社:風行社
(評者)布施 哲
2018年6月16日
次の30件を見る
1 2 3 4 5 6 7 115