マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

新 着
大きな政策転換「日朝首脳会談」 田原総一朗の取材ノート 中平卓馬をめぐる 50年目の日記(6) 中平卓馬をめぐる 50年目の日記 なぜ名前にホシがあるのか?⑥インベカヲリ★ なぜ名前にホシがあるのか? 異性間の恋愛、同性間の友情の困難ギヨーム・ブラック『7月の物語』 映画時評 縁ありて品川駅まで客とゆく第一京浜の夜景となりて 高山邦男『インソムニア』(2016) 現代短歌むしめがね 夢と日常と絵、これって三種の神器とは言わないですよね。言わない、言わない。 日常の向こう側ぼくの内側  漢字点心 吉本隆明×磯田光一 老舗の思想の存在根拠 ――対談 文学者における生と死 上『週刊読書人』1976(昭和51)年1月5日(1月12日号合併)号 1~3面掲載 読書人アーカイブス 印象論を越えて、体系的な関係史を見せた労作日本と朝鮮における経済と文化の変容飲食朝鮮 帝国の中の「食」経済史:6843/古屋大学出版会  読書人紙面掲載 書評 貴重な生の声を届ける「老い」と「踊り」を同時に論じる老いと踊り:6844、6845/勁草書房  読書人紙面掲載 書評 ドゥルーズ主義的スピノザ解釈十七世紀の古典的理論を現代によみがえらせる大胆な試みスピノザ『エチカ』講義 批判と創造の思考のために:6847/法政大学出版局  読書人紙面掲載 書評 「職場恋愛」を多面的に考察男女ともに無縁ではない 職場の「公私混同」問題なぜオフィスでラブなのか:6849/堀之内出版  読書人紙面掲載 書評 人類最年長の男が語る、 日本近現代史時代を超えた存在が醒めた目で世相を観察 人類最年長 :611/文藝春秋  読書人紙面掲載 書評 死者と別れるとはどういうことか希に見る論述の集中度で論じきる現代文学は「震災の傷」を癒やせるか 3・11の衝撃とメランコリー:518/ミネルヴァ書房 読書人紙面掲載 書評 春の歌人・広岡浅子浅子の手書き歌集『草詠』発見に寄せて広岡浅子「草詠」:6850/翰林書房  読書人紙面掲載 書評 安彦良和の思想や創作観の全貌ファンはもちろん、広大な作品世界の入門書として安彦良和の戦争と平和 ガンダム、マンガ、日本:1606/中央公論新社 読書人紙面掲載 書評 さながら『川崎司全集』冒頭から書誌編まで、語って余すところがない清冽な水脈 透谷・愛山・明石・坎堂:6852/三弥井書店  読書人紙面掲載 書評 「美談」もそれ自体として「事実」である銃後美談を「逆なでに読む」ことで、生きた歴史が浮き上がるみんなで戦争 銃後美談と動員のフォークロア:1863/青弓社 読書人紙面掲載 書評 カズオ・イシグロ著『忘れられた巨人』忘れられた巨人:1074/早川書房 【書評キャンパス】大学生がススメる本 第35回太宰治賞 受賞
今週号の目次
3289号
本の日
週刊読書人のバックナンバーを新聞で買う 週刊読書人の定期購読
カテゴリ
ネットギャリー
文芸同人誌広場
読書人紙面掲載 書評 印象論を越えて、体系的な関係史を見せた労作
日本と朝鮮における経済と文化の変容
飲食朝鮮 帝国の中の「食」経済史
著 者:林 采成
出版社:古屋大学出版会
(評者)森枝 卓士
2019年5月18日
読書人紙面掲載 書評 貴重な生の声を届ける
「老い」と「踊り」を同時に論じる
老いと踊り
著 者:中島 那奈子、外山 紀久子
出版社:勁草書房
(評者)加藤 有希子
2019年5月18日
ひらめきブックレビュー
読書人紙面掲載 書評 ドゥルーズ主義的スピノザ解釈
十七世紀の古典的理論を現代によみがえらせる大胆な試み
スピノザ『エチカ』講義 批判と創造の思考のために
著 者:江川 隆男
出版社:法政大学出版局
(評者)朝倉 友海
2019年5月18日
読書人紙面掲載 書評 「職場恋愛」を多面的に考察
男女ともに無縁ではない 職場の「公私混同」問題
なぜオフィスでラブなのか
著 者:西口 想
出版社:堀之内出版
(評者)石井 香江
2019年5月18日
読書人紙面掲載 書評 死者と別れるとはどういうことか
希に見る論述の集中度で論じきる
現代文学は「震災の傷」を癒やせるか 3・11の衝撃とメランコリー
著 者:千葉 一幹
出版社:ミネルヴァ書房
(評者)中村 三春
2019年5月18日
読書人紙面掲載 書評 春の歌人・広岡浅子
浅子の手書き歌集『草詠』発見に寄せて
広岡浅子「草詠」
著 者:高野 晴代
出版社:翰林書房
(評者)阿木津 英
2019年5月18日
読書人紙面掲載 書評 安彦良和の思想や創作観の全貌
ファンはもちろん、広大な作品世界の入門書として
安彦良和の戦争と平和 ガンダム、マンガ、日本
著 者:杉田 俊介
出版社:中央公論新社
(評者)冬木 糸一
2019年5月18日
読書人紙面掲載 書評 さながら『川崎司全集』
冒頭から書誌編まで、語って余すところがない
清冽な水脈 透谷・愛山・明石・坎堂
著 者:川崎 司
出版社:三弥井書店
(評者)鈴木 範久
2019年5月18日
読書人紙面掲載 書評 「美談」もそれ自体として「事実」である
銃後美談を「逆なでに読む」ことで、生きた歴史が浮き上がる
みんなで戦争 銃後美談と動員のフォークロア
著 者:重信 幸彦
出版社:青弓社
(評者)佐藤 泉
2019年5月18日
【書評キャンパス】大学生がススメる本 カズオ・イシグロ著『忘れられた巨人』
忘れられた巨人
著 者:カズオ・イシグロ
出版社:早川書房
(評者)林 祐輔
2019年5月18日
ジャパンナレッジ
ネットギャリー
書評アイドル 渡辺小春が読む芥川賞 小説も一種の芸術作品
エーゲ海に捧ぐ
著 者:池田 満寿夫
出版社: 中央公論新社
(評者)渡辺 小春
2019年5月17日
次の30件を見る
1 2 3 4 5 6 7 178