マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

新 着
日本の〝穴場〟探訪 〈第二回〉吉見百穴田村 収 日本の〝穴場〟探訪 五木寛之著『作家のおしごと』東京堂出版より刊行 出版メモ 連載  ベルイマンの映画   ジャン・ドゥーシェ氏に聞く98 ジャン・ドゥーシェ氏に聞く「映画/映画作家/映画批評」 空を持ち込め。直感よりもぼくの躰が知っている。 日常の向こう側ぼくの内側 具体的なエピソードから短歌を紹介錦見 映理子 著者から読者へ 『KGBスパイ式記憶術』 デニス・ブーキン/カミール・グーリーイェヴ著 出版メモ ここよりは先へゆけないぼくのため左折してゆけ省線電車 福島泰樹『バリケード・一九六六年二月』(1969) 現代短歌むしめがね  漢字点心 久野収×神島二郎×山田宗睦 『週刊読書人』1963(昭和38)年1月1日号‘63年論壇への提言知識人の主体性の確立を求めて 読書人アーカイブス 福原麟太郎×高見順×河盛好蔵×吉行淳之介 座談会 『週刊読書人』1961(昭和36)年1月1日号“笑い”の世界と人生新春放談 ユーモアに関する6章 読書人アーカイブス 多くの引用と固有名によって静寂と沈黙をめぐるアンソロジー静寂と沈黙の歴史 ルネサンスから現代まで:6636、694、6638/藤原書店  読書人紙面掲載 書評 偉大な数学者たちの生涯と業績魅力的な世界への入り口数学の真理をつかんだ25人の天才たち:6640、6641/ダイヤモンド社 読書人紙面掲載 書評 中絶合法化と新しい優性学取り替え可能性と単独性のあいだの胎児と人間胎児の条件 生むことと中絶の社会学:6642/法政大学出版局 読書人紙面掲載 書評 「一枚の大いなるつづれ織り」埋め込まれたイェイツ・コード(暗号)を読み解くイェイツ・コード 詩魂の源流/面影の技法:6644/小鳥遊書房 読書人紙面掲載 書評 「前途有望」という名を持つ男モンゴル文学研究の貴重な貢献サイチンガ研究:6646/論創社  読書人紙面掲載 書評 作家と植民地体験中島敦が描いた南洋と朝鮮の歴史的、社会的再検討中島敦の朝鮮と南洋  二つの植民地体験 (シリーズ日本の中の世界史) :6648/岩波書店  読書人紙面掲載 書評 ゴシックとは何か起源も、形式も、歴史そのものすら偽りであるゴシックコンテンポラリー・ゴシック:6649、6187/水声社  読書人紙面掲載 書評 撮ることで世界の〝境界線〟を問い直す自らの声と他者の想いの関係を、見つめ返す思索まなざしが出会う場所へ 越境する写真家として生きる:6650/新泉社 読書人紙面掲載 書評 緻密な調査に基づくオカルト受容の変遷史オカルト番組を享受してきた人間を刺激し、思考に導く一冊オカルト番組はなぜ消えたのか 超能力からスピリチュアルまでのメディア分析:6651/青弓社 読書人紙面掲載 書評 絶滅危惧種の「全身装幀家」著者ととことん付き合い、その世界を本の隅々まで行きわたらせる彼方の本 間村俊一の仕事:6652/筑摩書房  読書人紙面掲載 書評
今週号の目次
3281号
本の日
週刊読書人のバックナンバーを新聞で買う 週刊読書人の定期購読
カテゴリ
ネットギャリー
文芸同人誌広場
読書人紙面掲載 書評 多くの引用と固有名によって
静寂と沈黙をめぐるアンソロジー
静寂と沈黙の歴史 ルネサンスから現代まで
著 者:アラン コルバン
翻訳者:小倉 孝誠、中川 真知子
出版社:藤原書店
(評者)小沼 純一
2019年3月16日
読書人紙面掲載 書評 偉大な数学者たちの生涯と業績
魅力的な世界への入り口
数学の真理をつかんだ25人の天才たち
著 者:イアン スチュアート
翻訳者:水谷 淳
出版社:ダイヤモンド社
(評者)伊藤 洋司
2019年3月16日
読書人紙面掲載 書評 中絶合法化と新しい優性学
取り替え可能性と単独性のあいだの胎児と人間
胎児の条件 生むことと中絶の社会学
著 者:リュック・ボルタンスキー
出版社:法政大学出版局
(評者)片岡 大右
2019年3月16日
読書人紙面掲載 書評 「一枚の大いなるつづれ織り」
埋め込まれたイェイツ・コード(暗号)を読み解く
イェイツ・コード 詩魂の源流/面影の技法
著 者:木原 誠
出版社:小鳥遊書房
(評者)三木 菜緒美
2019年3月16日
読書人紙面掲載 書評 「前途有望」という名を持つ男
モンゴル文学研究の貴重な貢献
サイチンガ研究
著 者:都馬 バイカル
出版社:論創社
(評者)田中 克彦
2019年3月16日
読書人紙面掲載 書評 作家と植民地体験
中島敦が描いた南洋と朝鮮の歴史的、社会的再検討
中島敦の朝鮮と南洋  二つの植民地体験 (シリーズ日本の中の世界史)
著 者:小谷 汪之
出版社:岩波書店
(評者)勝又 浩
2019年3月16日
読書人紙面掲載 書評 ゴシックとは何か
起源も、形式も、歴史そのものすら偽りであるゴシック
コンテンポラリー・ゴシック
著 者:キャサリン スプーナー
翻訳者:風間 賢二
出版社:水声社 
(評者)海老原 豊
2019年3月16日
読書人紙面掲載 書評 撮ることで世界の〝境界線〟を問い直す
自らの声と他者の想いの関係を、見つめ返す思索
まなざしが出会う場所へ 越境する写真家として生きる
著 者:渋谷 敦志
出版社:新泉社
(評者)綿井 健陽
2019年3月16日
読書人紙面掲載 書評 緻密な調査に基づくオカルト受容の変遷史
オカルト番組を享受してきた人間を刺激し、思考に導く一冊
オカルト番組はなぜ消えたのか 超能力からスピリチュアルまでのメディア分析
著 者:高橋 直子
出版社:青弓社
(評者)高鳥 都
2019年3月16日
ジャパンナレッジ
ネットギャリー
読書人紙面掲載 書評 不安の周辺
現代を含む歴史観を構築する必要
ミステリーで読む戦後史
著 者:古橋 信孝
出版社:平凡社
(評者)松井 茂
2019年3月16日
【書評キャンパス】大学生がススメる本 円城 塔著『文字渦』
文字渦
著 者:円城 塔
出版社:新潮社
(評者)西村 諒
2019年3月16日
次の30件を見る
1 2 3 4 5 6 7 169