書評キャンパス 大学生がススメる本 スタート|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

編集室から
更新日:2017年4月10日 / 新聞掲載日:2017年4月7日(第3184号)

書評キャンパス 大学生がススメる本 スタート

このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生の読書量が減っている、ということが声高に語られているがほんとうにそうなのだろうか。実際にはたくさん本を読む学生と、まったく読まない学生との格差が大きくなって、数字にはそれが反映されているということはないのだろうか。

それにしても将来の日本を背負う若い人たちが「本を読み、そのテーマについてじっくりと考え、それをきちんと伝える」力を蓄えないと、私たちの社会が次第に地力を失っていくことに繋がるのは間違いない。若い人が本を読まない裏側には、読むに値する本が少ないか、あるいはどの本を読むべきなのか、きちんとした提案がなされていないからなのかもしれない。

私たち「週刊読書人」は書評紙としての使命を再確認して、大学生が自ら本を選びそれを周囲に伝えるという運動に力を注ぎたいと考えました。毎週、一人の現役大学生に自分で選んだ「本」について書評を書いてもらい、本紙に掲載し、さらに新たにスタートした「週刊読書人ウェブ」でも紹介いたします。全国の多くの大学生がこの記事に接して、自分も読んでみようという気持ちになって欲しいと願い、また一方で、多くの経験を積んできた社会人の方々が、いまどきの大学生の読書への感性を理解する場になってくれることも期待しています。

どうぞ多くの方の熱い視線、支援をこのコーナーにお寄せくださいますようお願いいたします。


『週刊読書人』
代表取締役社長黒木重昭
このエントリーをはてなブックマークに追加
編集室からのその他の記事
編集室からをもっと見る >
文化・サブカル > 読書関連記事
読書の関連記事をもっと見る >