《写真記録》これが公害だ  北九州市「青空がほしい」運動の軌跡|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

新刊
更新日:2017年4月18日 / 新聞掲載日:2017年4月14日(第3185号)

《写真記録》これが公害だ 
北九州市「青空がほしい」運動の軌跡

このエントリーをはてなブックマークに追加
ドキュメンタリー映画「抗い」(二〇一六)の被写体となっている記録作家・林えいだい。
その活動の原点となる処女作の復刻版。一九六〇年代の北九州市民は化学工場による深刻な汚染に悩まされていた。
町は煙に覆われ人々は体調を崩す。そして実態の究明に迫る林氏の行動と地元女性たちの独自調査が結びついた「青空がほしい運動」。
本書は当時の暮らしに影響を及ぼした公害状況の写真に加え、新たに運動の詳細な解説と補足的資料を付加した。市民による公害克服運動の記録からは今も日本に蔓延している経済発展を優先する考えへの強い問いかけがある。(四六判・一八八頁・二〇〇〇円・新評論)
この記事の中でご紹介した本
《写真記録》これが公害だ 北九州市「青空がほしい」運動の軌跡/新評論
《写真記録》これが公害だ 北九州市「青空がほしい」運動の軌跡
著 者:林 えいだい
出版社:新評論
以下のオンライン書店でご購入できます
このエントリーをはてなブックマークに追加
新刊のその他の記事
新刊をもっと見る >
社会・政治 > 環境 > 公害問題関連記事
公害問題の関連記事をもっと見る >