布作家・山中とみこさん(上)|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

あの人に会いたい
更新日:2017年5月23日 / 新聞掲載日:2017年5月19日(第3190号)

布作家・山中とみこさん(上)

このエントリーをはてなブックマークに追加
六〇歳の時に初めての著書『古い布でつくる』を世に出した山中とみこさん。自分の本ができたことによって、新しい出会いを得、行動の幅を今、少しずつ広げている。「その時その時に起こる目の前のことに向き合いながら、自分がしたいと思うことをあれこれ思い続けてきた」という山中さんに、主婦として子育てを優先した時期を経て、これから何をしようと考えているのかぜひお聞きしたくて、自宅近くに新しく設けた作業所に出向き、お話をうかがった。

山中とみこさん
主婦と生活社での編集者時代に、インテリア雑誌『美しい部屋』で学んだ八年間は、今まで知らなかった世界を知る多くのチャンスに恵まれた。

当時隔月刊誌だった『美しい部屋』は、一冊に二〇〇件以上のインテリア実例を掲載し、類似誌がないこともあり、根強いファンが毎号心待ちにしてくれていた。そこに暮らす人の工夫が光るインテリアを、いつも選択の基準にしていたが、その中でも「これは!」と目を止めてしまう、ちょっとほかにはない部屋作りに出会うことがあった。

初めて『美しい部屋』に掲載された山中とみこさんのインテリアもその一つだった。二〇〇三年三月発売の掲載誌では、古道具が似合うダイニングキッチンを紹介し、その後も何度か掲載させていただいたが、そのインテリアの変遷ぶりは、「ただものではない人」という印象を強くしていった。

山中さんのマンションに伺ったのは初めての掲載から七~八年が経過してから。『CHICU+CHICU5/31』(ちくちくさんじゅういちぶんのご・以下チクチク)という、洋服のデザインから製作までを自分一人で行い、自宅でアトリエ展を開くという形をとり始めていた時だった。ちなみにこのネーミングは「一か月のうち五日間、自宅アトリエをオープンする」という意味合いで名付けたという。チクチクのアトリエ展は、口コミで静かに広がっていき、デザインと素材の組み合わせの絶妙さに、少しずつファンを増やしていった。

そんなときフリー編集者の石川理恵さんから、一本の連絡が入った。「山中さんの本を企画したい」という。石川さんと面識はなかったが、山中さんのどこに着目して一冊にしたいというのか、私はとても興味をもった。

石川さんは「古い布」に的を絞り、これを山中さんがどうアレンジするのか紹介したいという。山中さんの洋服づくりの実用書ならわかるが、「古い布」というのは読者をかなり狭める。売れるという確信がなければ、実現は難しい。山中さん、石川さん、そして担当編集者と何度も打ち合わせを重ね、「山中さんが今興味を持ち、伝えたいと強く思っていることを、最優先しよう」という決断に至った。そう思った背景には、それがニッチな視点であるにせよ、洋服やバッグなどに仕立ててきた確かな展開力がある。それを信じ、まっすぐ通してしまったほうが、本として伝わるものになるのでは、という一点からだった。
 山中さんの服作りの特徴は、際立って個性的なものよりも「着た時にちょっと違うかな、と感じる、ホドホド感のある個性」と、何年たっても着られる普遍的なものを大切にしているところだった。ベースにあるこの考え方と、年月を経た古い布のマッチングは、やはりほかの人では形にできない。部数はそんなに伸びないかもしれないが、それぞれのスタッフが持ちうる力を出し切って本を作ろう――。

この時の本づくりは熱気にあふれ、さまざまな人の協力のもと、二〇一四年十月に書店に並んだ。

翌年の春には埼玉県川口市のsenkiya内に実店舗を持つという新しい一歩を踏み出した山中さん。この連載シリーズ「あの人に会いたい」の第一回目に登場いただいた森岡書店の森岡督行さんと、出版記念のトークイベントを三人でさせていただいたことも、懐かしい思い出になっている。

「ひとりの主婦だった私が四十九歳の時にチクチクをオープンさせ、六〇歳の時に初めての出版が形になりました。人生の後半になって、好きなこと、したかったことに打ち込めるようになり、これからもまだまだ新しいことに向かっていきたい」という内容のトークだったが、参加者から、「山中さんにたくさんの勇気をいただいた」という声が続出した。一冊の本から伝わることは文字情報だけではない、新しい人と人との出会いをつくる場にもなると、実感した瞬間でもあった。(次号につづく)(えはら・れいこ=フリー編集者・ライター、イベントプランナー)

▼五月二十一日まで銀座・森岡書店で山中とみこ企画展「山中的図画工作の時間」を開催中。
詳細はhttps//www.instaguram.com/chicuchicu315/
この記事の中でご紹介した本
古い布でつくる/主婦と生活社
古い布でつくる
著 者:山中とみこ
出版社:主婦と生活社
以下のオンライン書店でご購入できます
このエントリーをはてなブックマークに追加
江原 礼子 氏の関連記事
山中とみこ 氏の関連記事
あの人に会いたいのその他の記事
あの人に会いたいをもっと見る >
人生・生活 > 生き方関連記事
生き方の関連記事をもっと見る >