第1回大宅壮一メモリアル 日本ノンフィクション大賞 決定|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

受賞
更新日:2017年5月26日 / 新聞掲載日:2017年5月26日(第3191号)

第1回大宅壮一メモリアル 日本ノンフィクション大賞 決定

このエントリーをはてなブックマークに追加
5月17日、第1回大宅壮一メモリアル日本ノンフィクション大賞の選考会が開催され、受賞作が決定した。
【大賞】
▽森健氏『小倉昌男 祈りと経営 ヤマト「宅急便の父」が闘っていたもの』(小学館)

【読者賞】
▽菅野完氏『日本(にっぽん)会議の研究』(扶桑社)
これまで47回を数えてきた大宅壮一ノンフィクション賞は、リニューアルを機に改めて今回を第1回とする。また今回から、読者投票で最も多くの票を得た作品に贈る読者賞を新たに設けた。
贈呈式は6月16日。
この記事の中でご紹介した本
日本(にっぽん)会議の研究/扶桑社
日本(にっぽん)会議の研究
著 者:菅野 完
出版社:扶桑社
以下のオンライン書店でご購入できます
小倉昌男 祈りと経営~ヤマト「宅急便の父」が闘っていたもの/小学館
小倉昌男 祈りと経営~ヤマト「宅急便の父」が闘っていたもの
著 者:森 健
出版社:小学館
以下のオンライン書店でご購入できます
このエントリーをはてなブックマークに追加
森 健 氏の関連記事
菅野 完 氏の関連記事
受賞のその他の記事
受賞をもっと見る >
ビジネス・経済 > 出版関連記事
出版の関連記事をもっと見る >