空白の移民史ーニューカレドニアと沖縄ー 書評|三木 健(シネマ沖縄)|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. 書評
  3. 読書人紙面掲載 書評
  4. 社会・政治
  5. 社会全般
  6. 空白の移民史ーニューカレドニアと沖縄ーの書評
読書人紙面掲載 書評
更新日:2017年6月26日 / 新聞掲載日:2017年6月23日(第3195号)

空白の移民史ーニューカレドニアと沖縄ー 書評
引き裂かれ再会した沖縄人の魂の賛歌 
太平洋島嶼文化圏に懸ける著者情熱の書

空白の移民史ーニューカレドニアと沖縄ー
著 者:三木 健
出版社:シネマ沖縄
このエントリーをはてなブックマークに追加
本書を読みながら何度か、もらい泣きした。1909年から19年にかけて、ニッケル採掘の契約労働者として南太平洋の仏領ニューカレドニアに出稼ぎに行ったウチナーンチュ(沖縄人)が800人いた。ある者は重労働の鉱山労働者から転業して財をなし、カナックと呼ばれる地元民族の女性と結婚、家族を築いたが、日本軍の対米開戦により一夜にして「敵性国民」とされ、豪州の収容所に送られた。家族は引き裂かれ生き別れとなり、移住者は戦後、豪州から沖縄に強制送還された。妻子を沖縄に残して移住した者は、「捨てた家族」から冷遇された。沖縄に戻って再婚し、新たな家族をつくる者もいた。こうして腹違いの兄弟姉妹が沖縄とニューカレドニアにいて、互いに存在を知らないまま長い歳月が過ぎた。だが両者は1980年代から交流するようになり、やがて同じ父親の血が流れる沖縄人とニューカレドニア人の劇的な初対面が増え、双方のわだかまりは消えて融和する。歴史の悲劇を超えて波打つ「水より濃い血」の織りなす人間模様が涙を誘う。

ニューカレドニアの沖縄系は沖縄のルーツを確認し、「半分欠けていたアイデンティティー」が組み合わされて一つになるのを覚えた。それを著者は「行方が知れなかった魂(まぶい)の半分が回復、魂が一つになった」という意味で「まぶいぐみ」と呼ぶ。本書出版に合わせ、『まぶいぐみ―ニューカレドニアの引き裂かれた移民史』というドキュメンタリー映画さえ制作した。この映画は7月那覇で、8月東京で公開される。

沖縄県の石垣島に生まれた著者は、琉球新報記者時代に西表島炭坑の歴史を探求して『沖縄・西表炭坑史』を著し、同紙編集局幹部だった1988年には『オキネシア文化論』を物にした。その3年前にミクロネシアを長期取材し、「沖縄はミクロネシア、ポリネシア、メラネシアと並ぶ太平洋文化圏の一つ」という視点を定め、奄美群島から八重山群島までの琉球弧を「オキネシア文化圏」と名付けるに至った。2006年に同紙を退職、ニューカレドニアを初めて取材で訪れるや、たちまち「オキネシア」と南太平洋文化圏の間に情熱の橋が架かり、11年後、本書が世に出た。

著者は計11回もニューカレドニアを訪れている。06年から12年まで「沖縄ニューカレドニア友好協会」の初代会長を務め、その後も顧問として両島交流に尽力、血縁探しにも一役買ってきた。現地の沖縄系住民が多いネヴァオには07年「沖縄日系人会」ができ、島都ヌメアに1966年発足した「日本親善協会」とともに交流の窓口になってきた。沖縄では1990年から5年に一度、計6回、県主催の「世界のウチナーンチュ大会」が開かれてきたが、ニューカレドニアの沖縄系は今や、その常連だ。

実は著者は、この大会の発案者である。琉球新報は1980年代半ば「世界のウチナーンチュ」という地球規模の取材に基づく連載企画を始め、著者のミクロネシア取材もその一環だった。その取材を終えて那覇に戻った著者は、当時の西銘順治県知事に、世界中に散らばる沖縄系ディアスポラの祭典を開いてはどうかと提案した。それが「世界のウチナーンチュ大会」として実現した。今日、そのディアスポラは「琉僑」とも呼ばれている。そんな著者だけに、ニューカレドニアとの交流に全力で取り組んだのだ。

本書にはニューカレドニアの歴史、気候風土、沖縄人入島の経緯、フランス統治、独立運動などが盛り込まれており、読者の理解を助ける。「混血であることはニューカレドニア人であること」と言い切る住民に広く行き渡っている混血(二重アイデンティティー)肯定主義を踏まえて著者は、「〈単一民族〉説を後生大事にし排外主義に走る日本人の考え方こそが差別の源泉ではないか。ニューカレドニア人の〈やさしさ〉の背景には混血社会への〈思いやり〉がある」と強調。それと通底する「〈沖縄人の寛容さ〉こそ全球的標準ではないか。そのような寛容さは日本の本土社会では失われつつある」と指摘する。
この記事の中でご紹介した本
空白の移民史ーニューカレドニアと沖縄ー/シネマ沖縄
空白の移民史ーニューカレドニアと沖縄ー
著 者:三木 健
出版社:シネマ沖縄
以下のオンライン書店でご購入できます
このエントリーをはてなブックマークに追加
伊高 浩昭 氏の関連記事
読書人紙面掲載 書評のその他の記事
読書人紙面掲載 書評をもっと見る >
社会・政治 > 社会全般関連記事
社会全般の関連記事をもっと見る >