第四の革命―情報圏(インフォスフィア)が現実をつくりかえる 書評| ルチアーノ・フロリディ(新曜社)|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. 書評
  3. 読書人紙面掲載 書評
  4. ビジネス・経済
  5. コンピュータ・IT
  6. 第四の革命―情報圏(インフォスフィア)が現実をつくりかえるの書評
読書人紙面掲載 書評
更新日:2017年7月10日 / 新聞掲載日:2017年7月7日(第3197号)

第四の革命―情報圏(インフォスフィア)が現実をつくりかえる 書評
情報化社会の問題集 「第四の革命」の内実を理解するために

第四の革命―情報圏(インフォスフィア)が現実をつくりかえる
著 者: ルチアーノ・フロリディ
出版社:新曜社
このエントリーをはてなブックマークに追加
二〇世紀末にはじまる情報革命が我々の社会にいかなるインパクトを与えているか、新たな情報通信技術(ICT)が我々の生活をいかに変えつつあるかについて、日々たくさんの言葉が費やされている。それもそのはずだ。ネットを介したコミュニケーションの増大、スマートフォンやSNSの普及、人工知能やブロックチェーンといった先端テクノロジーの開発など、ICTの進展によって、いま我々の暮らしが大きく変わろうとしている。これには誰も無関心ではいられないだろう。

本書もそうした流れに棹さす一冊である。だが、メディアやテクノロジーに関する解説書ではない。本書は情報哲学の観点から、いま我々が目にしているあらゆる現象をマクロなトレンドの多様な側面として統合的に説明する哲学書である。

説明の基礎には情報哲学的な歴史的パースペクティヴがある。著者は社会における情報のあり方という観点から、人類の歴史を三段階に分ける。プレヒストリー、ヒストリー、ハイパーヒストリーである。歴史という観念は、出来事を記録・伝達するシステムによって成立する。その意味で無文字社会はプレヒストリーに属する。それが紀元前四〇〇〇年ごろ、メソポタミアなどの地域で書字が発明され、ヒストリーの時代が到来した。石や皮、紙を利用した書字記録システムは立派なICTであり、じつは情報化社会はこのときすでに実現しているのである。

ハイパーヒストリーとはどのような時代だろうか。それはICTが単なる道具の域を越えて高い自律性を獲得し、人間のほうがそれに依存するようになる段階である。そうした社会においてICTは単に重要であるばかりでなく、社会の福祉や個人の幸福のための基本条件となる。たとえば日本を含むG7グループなどの先進資本主義諸国はすでにハイパーヒストリー社会になっているといえるだろう。

この時代において人間が住まう共時的環境が情報圏である。先に、ICTが高い自律性を獲得し、人間のほうがそれに依存するようになると述べた。そこでは我々はICTを通して世界を見るだけでなく、ICTに適合した観点で見るようにうながされる。この「情報化された現実」を指すのがインフォスフィアの概念である。ICTのさらなる発展と普及にともない、いずれインフォスフィアは現実そのものと同義になるだろう。

以上のように、高度情報化やIT革命の進行として語られる我々の社会の変化は、通時的にはヒストリーからハイパーヒストリーへの変遷、共時的には現実のインフォスフィア化としてまとめることができる。単純だが強力な説明である。

では、このとき宇宙における人間の位置はどのようなものになるだろうか。本書のタイトル「第四の革命」はこのことを表現している。かつて、コペルニクスは地球が宇宙の主人でないことを、ダーウィンは人間が動物の主人でないことを、フロイトは意識が主体の主人でないことを我々に教えた。いま、アラン・チューリングを父とするICTが我々に教えるのは、人間はインフォスフィアの主人ではなく、それを構成する一エージェントにすぎないという事実である。これが第四の革命の意味だ。

第四の革命の進行は、人間中心主義の思想にとっては都合の悪い事態かもしれないが、人間自身の幸福にとっては中立的である。ICTは我々を不幸にも幸福にもするだろう。だからこそ、この革命の内実を正確に理解しなければならない。本書は格好の一冊である。駆け足の説明が気になる箇所もあるが、テーマの巨大さを考えれば文句はない。有益な現代社会の入門書、情報化社会の問題集である。(春木良且・大東敦史監訳、先端社会科学技術研究所訳)
この記事の中でご紹介した本
第四の革命―情報圏(インフォスフィア)が現実をつくりかえる/新曜社
第四の革命―情報圏(インフォスフィア)が現実をつくりかえる
著 者: ルチアーノ・フロリディ
出版社:新曜社
以下のオンライン書店でご購入できます
このエントリーをはてなブックマークに追加
吉川 浩満 氏の関連記事
読書人紙面掲載 書評のその他の記事
読書人紙面掲載 書評をもっと見る >
ビジネス・経済 > コンピュータ・IT関連記事
コンピュータ・ITの関連記事をもっと見る >