逸脱しないイノベーションはない|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

編集室から
更新日:2017年7月20日 / 新聞掲載日:2017年7月14日(第3198号)

逸脱しないイノベーションはない

このエントリーをはてなブックマークに追加
ひと月ほどの間『愛人形』を持ち歩き、人に会っては見せていた。本にこれほど力があるのか、と驚くほどテンションが一気に上がるのだった。まずはエッチなものを覗き見ることへの興奮。しかし待ち受けるのは、予想を超える人形の精巧さと美しさ。そして皆、目が離せなくなる。

アツコバルーの展覧会は入場制限がかかっていて、これにも驚かされた。その瞬間まで私は、ラブドールをマニアあずかりのものだと考えていたのだろう。そこにはコミケの熱狂とも異なる、明るい活気がある気がした。

小野さんと菅さんの対談は、これまた大きく想像を超えてきた。「逸脱しないイノベーションはない」「アートとアーティフィシャルの意義は、逸脱によって思いもよらぬものを導くこと」という言葉が心に残った。対談を読んだ後には、「ラブドールって何だっけ?」(同じように、人間って何だっけ?でもいいのだが)と価値観の転換が起こったり、あるいはまじまじと臍を見てしまったりするかも。取材が立て込む中、インタビューに応じてくださった、オリエント工業さんにも感謝いたします。(S)
このエントリーをはてなブックマークに追加
編集室からのその他の記事
編集室からをもっと見る >
文化・サブカル > 文化論関連記事
文化論の関連記事をもっと見る >