鯨と生きる 西野嘉憲著|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

フォト&アート
更新日:2017年7月25日 / 新聞掲載日:2017年7月21日(第3199号)

鯨と生きる 西野嘉憲著

このエントリーをはてなブックマークに追加

鯨と生きる(西野 嘉憲)平凡社
鯨と生きる
西野 嘉憲
平凡社
  • オンライン書店で買う
捕鯨船への乗船取材を断った船長。
「船頭がすべてを決める世界だから」。
四年後、二頭捕獲するまでのわずかな時間の乗船許可。

関東で唯一の捕鯨基地がある千葉県和田漁港。鯨と海と男たち、大包丁を手に解剖される鯨、息づく町の暮らしが活写される。
(B5変・九六頁・四五〇〇円・平凡社)
この記事の中でご紹介した本
鯨と生きる/平凡社
鯨と生きる
著 者:西野 嘉憲
出版社:平凡社
以下のオンライン書店でご購入できます
このエントリーをはてなブックマークに追加
フォト&アートのその他の記事
フォト&アートをもっと見る >
芸術・娯楽 > 写真関連記事
写真の関連記事をもっと見る >