知|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

漢字点心 第192回
更新日:2016年8月5日 / 新聞掲載日:2016年8月5日(第3151号)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「村長」「町長」「市長」「区長」は、みな「長」が付く。しかし、同じように地方自治体のトップであっても、都道府県の場合は、「長」は使わずに「知事」と呼ぶ。なぜなのだろうか。

「知事」とは、「仕事を知っている」という意味合いだ。しかし、「知」という漢字は、存外に意味の幅が広い。「熟知」のように「理解して記憶する」だけではなく、「知恵」のように新しいことを「考え出す」とか、「察知」のように他人が気付かないことに「気付く」こと、さらには「通知」のように相手にきちんと「伝える」といった意味もある。どれも、行政のトップとしては欠くことのできない能力ではあるまいか。

とすれば、都道府県の「知事」も、そのような総合的な「知性」を備えていることを期待されているのだろう。「知名度」の高さだとか、「知識」の豊富さだけではだめなのだ。このたび選ばれた都知事が、その「知力」を存分に発揮することを期待したい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
円満字 二郎 氏の関連記事
ok
2019年7月9日
2019年7月2日
ok
2019年6月25日
ok
2019年6月18日
ok
2019年6月11日
ok
2019年6月4日
2019年5月28日
2019年5月21日
漢字点心のその他の記事
漢字点心
漢字点心をもっと見る >