僕には歌があるはずだ 有元 利夫 著|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

フォト&アート
更新日:2016年8月5日 / 新聞掲載日:2016年8月5日(第3151号)

僕には歌があるはずだ 有元 利夫 著

このエントリーをはてなブックマークに追加
〈そうすてたもんでもない民謡だったのに/正しいなんとかたちにずいぶん邪魔されちまった〉
〈ささやかな出来事やささやかなキッカケを/大事に大胆につむぐ。/これが明日からの仕事だ。〉 
三八歳で急逝した天才画家。
没後三〇周年記念出版。
ふっくらと時を超え、世界を模る65点。
このエントリーをはてなブックマークに追加
フォト&アートのその他の記事
フォト&アートをもっと見る >