第15回角川財団学芸賞 最終候補作決定|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

受賞
更新日:2017年10月6日 / 新聞掲載日:2017年10月6日(第3209号)

第15回角川財団学芸賞 最終候補作決定

このエントリーをはてなブックマークに追加
第15回角川財団学芸賞(角川文化振興財団主催)の最終候補作が次の通り決定した。選考委員は、鹿島茂、佐藤優、松岡正剛、山折哲雄の各氏。最終選考委員会は10月26日。 
【第15回角川財団学芸賞候補作】
▽遠藤慶太『六国史 日本書紀に始まる古代の「正史」』(中央公論新社)
▽平山優『武田氏滅亡』(KADOKAWA)
▽松居竜五『南方熊楠 複眼の学問構想』(慶應義塾大学出版会)

   ***
※第39回角川源義賞選考委員会については、「歴史研究部門」が10月12日(選考委=石上英一、黒田日出男、藤井讓治、(新任)三谷博の各氏)、「文学研究部門」は10月18日(選考委員=安藤宏、揖斐高、原岡文子、三浦佑之の各氏)に選考会が開催され、受賞作が決定する。
この記事の中でご紹介した本
南方熊楠  ――複眼の学問構想/慶應義塾大学出版会
南方熊楠 ――複眼の学問構想
著 者:松居 竜五
出版社:慶應義塾大学出版会
以下のオンライン書店でご購入できます
このエントリーをはてなブックマークに追加
受賞のその他の記事
受賞をもっと見る >
歴史・地理 > 日本史関連記事
日本史の関連記事をもっと見る >