第4回 城山三郎賞 最終候補作決定|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

受賞
更新日:2017年10月6日 / 新聞掲載日:2017年10月6日(第3209号)

第4回 城山三郎賞 最終候補作決定

このエントリーをはてなブックマークに追加
第4回城山三郎賞(角川文化振興財団主催)の最終候補作が次の通り決定した。選考委員は、魚住昭、片山善博、斎藤美奈子の各氏。
【第4回城山三郎賞候補作】
▽加藤直樹『謀叛の児 宮崎滔天の「世界革命」』(河出書房新社)
▽大崎善生『いつかの夏 名古屋闇サイト殺人事件』(KADOKAWA)
▽梶山三郎『トヨトミの野望 小説・巨大自動車企業』(講談社)
▽牧久『昭和解体 国鉄分割・民営化30年目の真実』(講談社)
同賞の最終選考委員会は10月6日に開催、10月10日に受賞作が発表される。
この記事の中でご紹介した本
昭和解体 国鉄分割・民営化30年目の真実/講談社
昭和解体 国鉄分割・民営化30年目の真実
著 者:牧 久
出版社:講談社
以下のオンライン書店でご購入できます
このエントリーをはてなブックマークに追加
受賞のその他の記事
受賞をもっと見る >
文化・サブカル > 文化論関連記事
文化論の関連記事をもっと見る >