アイスクリームが溶けてしまう前に(家族のハロウィーンのための連作)  小沢健二と日米恐怖学会著|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

フォト&アート
更新日:2017年10月17日 / 新聞掲載日:2017年10月13日(第3210号)

アイスクリームが溶けてしまう前に(家族のハロウィーンのための連作) 
小沢健二と日米恐怖学会著

このエントリーをはてなブックマークに追加
「チュリッカ・チュリー!」。ハロウィーンの日「えーっと、あなたは……」と仮装を当てるのはあいさつのようなもの。
そして、衣装は親子で手づくりするのが、気分が出るし楽しい。
毎年、家族の写真と思い出が増えていく。でも子ども時代はいつか終わりが来る――。
本場アメリカのハロウィーン気分がたっぷりつまった、うきうき痛快で、奇妙にラブリーで、ウッカリ切ない物語。
(二二×十六㎝・七十二頁・一四〇〇円・福音館書店)
この記事の中でご紹介した本
アイスクリームが溶けてしまう前に (家族のハロウィーンのための連作) /福音館書店
アイスクリームが溶けてしまう前に (家族のハロウィーンのための連作)
著 者:小沢 健二
編 集:日米恐怖学会
出版社:福音館書店
以下のオンライン書店でご購入できます
このエントリーをはてなブックマークに追加
小沢 健二 氏の関連記事
フォト&アートのその他の記事
フォト&アートをもっと見る >
文学 > 日本文学 > 児童文学関連記事
児童文学の関連記事をもっと見る >