日比谷カレッジ 「二人の雑誌創刊男が語る、創刊の醍醐味と出版界の今」|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

図書館
更新日:2017年10月27日 / 新聞掲載日:2017年10月27日(第3212号)

日比谷カレッジ
「二人の雑誌創刊男が語る、創刊の醍醐味と出版界の今」

このエントリーをはてなブックマークに追加
日比谷カレッジ「二人の雑誌創刊男が語る、創刊の醍醐味と出版界の今」
講師=渡邊直樹氏、くらたまなぶ氏
11月10日(金)19時~20時半(18時半開場)、
千代田区立日比谷図書文化館B1日比谷コンベンションホール(千代田区日比谷公園1―4)、
定員200名(申込順)、
参加費1000円。
7つの会社で8つの雑誌の編集長を務めた渡邊直樹とリクルートで14の雑誌を創刊し、編集長を務めたくらたまなぶ。二人の“創刊男"が語る、創刊の醍醐味とそれぞれのスタイル。雑誌苦難の時代に「伝説の編集長」二人は何を考え、何を語るのか。
いずれも、問い合わせ・申し込みは千代田区立日比谷図書文化館
TEL:03・3502・3340、Eメール(college@hibiyal.jp)来館(1階受付)のいずれかにて、
(1)講座名(または講演会名)
(2)名前(よみがな)
(3)電話番号を連絡。 
このエントリーをはてなブックマークに追加
図書館のその他の記事
図書館をもっと見る >
ビジネス・経済 > 出版関連記事
出版の関連記事をもっと見る >