大妻女子大学国文学会・千代田図書館連携講演会 「和泉式部の和歌 “歌ことば"が放つ命のきらめき」|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

図書館
更新日:2017年11月3日 / 新聞掲載日:2017年11月3日(第3213号)

大妻女子大学国文学会・千代田図書館連携講演会
「和泉式部の和歌 “歌ことば"が放つ命のきらめき」

このエントリーをはてなブックマークに追加
講師=柏木由夫(大妻女子大学文学部教授)
11月29日(水)18時半~20時、千代田図書館9F特設イベントスペース(千代田区九段南1―2―1)、
定員50名(事前申込制、先着順)、
参加無料。

申し込みは、千代田図書館TEL:03・5211・4289/4290、または来館(千代田図書館10階カウンター)。

和泉式部は、日本の古典和歌世界で最高の女性歌人。彼女ほど自分の生を見つめ、考え続けて表現した歌人はいないだろう。多くの恋愛遍歴と親や子女達への家族愛や隣人愛が人生の深奥を求めさせたのか。同時代の紫式部は、和泉式部の即興性に脱帽しつつも、理知性の欠如をけなした。しかし、天性の歌人が深めた心は、言葉に産み出されて和歌と成り、そこには時代を越えて我々現代人にまで響く、人の心の真実が見出せる。
このエントリーをはてなブックマークに追加
図書館のその他の記事
図書館をもっと見る >
歴史・地理 > 歴史学関連記事
歴史学の関連記事をもっと見る >