姪|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

漢字点心
更新日:2017年11月21日 / 新聞掲載日:2017年11月17日(第3215号)

このエントリーをはてなブックマークに追加
ふつうは「めい」と訓読みする漢字。「兄弟姉妹の娘」を指す。しかし、これがちょっと本格的な漢和辞典になると、説明が急にややこしくなってしまうのだ。

辞書によって記述が微妙に異なるのだが、どうやら、「姪」はもともと、「女性から見て兄弟姉妹の子ども」を指す漢字だったらしい。それが後に、「男性から見て兄弟姉妹の子ども」を指す場合にも、使われるようになった。つまり、相手が男性だろうと女性だろうと使えるわけで、日本語でいう「めい」だけではなく、「おい」を指して用いることもあるのだ。

そこで困るのが、漢文関係の書籍で、原文に「姪」が出てきてそれが男性を指している場合だ。「めい」と振りがなを付けるのは、明らかにおかしい。意味の上からは「おい」と振りがなを付けるべきなのだが、そうすると誤植みたいに見えてしまう。結局のところ、音読みで「てつ」と振りがなを付けてあとは解釈で説明するしか、ないのである。
このエントリーをはてなブックマークに追加
円満字 二郎 氏の関連記事
ok
2018年9月18日
ok
2018年9月11日
ok
2018年9月4日
ok
2018年8月28日
ok
2018年8月21日
ok
2018年8月14日
ok
2018年8月7日
ok
2018年7月31日
漢字点心のその他の記事
漢字点心をもっと見る >
学問・人文 > 言語学関連記事
言語学の関連記事をもっと見る >