『arc Vol・21』 15周年記念号|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

出版メモ
更新日:2017年11月28日 / 新聞掲載日:2017年11月24日(第3216号)

『arc Vol・21』 15周年記念号

このエントリーをはてなブックマークに追加
川崎市高津区の出版社レイラインから、『arc Vol・21』15周年記念号が刊行された。本体1200円。

『arc』15周年記念号の巻頭は、編集長インタビュー=国谷裕子さん「キャスターという仕事」―真っ直ぐ一筋!さて次は?―、対談は、中島岳志×arc編集長、堀越千秋氏の追悼特集「グラビア 回想、堀越千秋」は芥川喜好、永井龍之介、千葉和男、香月人見、arc編集長らが寄稿。02年に創刊されたオピニオン誌『arc』は、広告に頼らず、名物の編集長インタビューや、各界第一人者による記事を掲載して支持され、本号で15周年を迎えた。
注文、BNの問い合わせはレイライン(川崎市高津区千年301―1―401tel/fax044・788・6814)
Email:info@leyline-publishing.com
公式サイトhttp://leyline-publishing.com/
このエントリーをはてなブックマークに追加
出版メモのその他の記事
出版メモをもっと見る >
文化・サブカル > 文化論関連記事
文化論の関連記事をもっと見る >