パピプペポ川柳と五・七・五を使ったコミュニケーション|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!
▶メールマガジン登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

WEB限定
2017年11月29日

パピプペポ川柳と五・七・五を使ったコミュニケーション

このエントリーをはてなブックマークに追加
大好評「パピプペポ川柳」特集第4弾。パピプペポ川柳創始師範で、元『週刊プロレス』編集長・ターザン山本さんが、『週刊少年マガジン』で大人気連載中の4コマ川柳ラブコメ『川柳少女』の作者・五十嵐正邦さんと対談を実施! 川柳というフィールドで独自の世界を広げている2人。かたやパピプペポを使って12音で句を詠み、もう一方では高校生の日常をありのまま、気ままにゆるく詠み上げる。そんな新ジャンル川柳に挑む2人の対談を「週刊読書人ウェブ」限定で公開!
※今回五十嵐さんのご意向により、顔に『川柳少女』の人気キャラクター毒島エイジくんのカットでマスクをかけています。

第1回
ターザン山本 川柳少女に出会う

ターザン
 この『川柳少女』って作品は、日頃ツイッターなどでやっている「パピプペポ川柳」とすごくリンクしているんだよね。今回初めてこのマンガを読んだんですけれど、びっくりしましたよ。
五十嵐
 それはどういった点ですか?
ターザン
 僕は川柳って自分の気持ちを気軽にアウトプットできるコミュニケーションツールのある意味原点だと捉えていまして、パピプペポ川柳ではもっとお手軽にアウトプットしようじゃないかと、下五をパピプペポに置き換えて詠んでしまう。見切り発車でも思いつきでもとにかく五・七音だけ出せばよくて、その上、句に完成度を求めないからすごくお気楽なんですよ。一般的に俳句や川柳は世界最短の定型詩だって、さも高尚に評価されているけれど、そんな余計なものを取っ払って、誰でもストレートに自分の日々のちょっとした気持ちを五・七・五のリズムで詠もうよ、っていう運動がパピプペポ川柳なんです。
そんな僕の考え方にピッタリ合ったのが『川柳少女』の主人公、雪白七々子ちゃんという高校1年生の女の子だったんですよ。この子ってどちらかというとコミュニケーションが上手なタイプじゃないですよね。
五十嵐
 そうですね。人と会話をするのが苦手な子です。
ターザン
 会話を使った人とのコミュニケーションというのは自分の考えを相手に伝えるために道筋を決め、論理を組み立て、理解を求めるまどろっこしい作業が必要になるじゃないですか。でもこの七々子ちゃんは喋ることがすごく苦手なので、自分の気持ちを五・七・五の川柳にしたためて周囲とコミュニケーションを図る。川柳で気持ちを表明するということは字数制限があるので、説明の余地が皆無ですよね。そのおかげで相手に理解を強いる押し付けがましさがないんですよ。つまり七々子ちゃんの五・七・五は一般的なコミュニケーションにおける手間や重圧から解放されているんですね。世の中の人が囚われている思考や論理性っていう重しを取っ払いたいっていう僕の思いと一致したのがこのキャラクターでした。そういった意味でこの作品は革命的じゃないかと。
五十嵐
 ありがとうございます(笑)。
川柳少女(1)(五十嵐 正邦)講談社
川柳少女(1)
五十嵐 正邦
講談社
  • オンライン書店で買う
ターザン
 主人公が五・七・五でコミュニケーションをとるというアイディアはどうやって思いついたんですか?
五十嵐
 この『川柳少女』は四コマを主体に毎週話を展開していますが、ギャグを作る上である程度、表現に制限をかけた方が作りやすいので四コマを採用したんですね。その上で主人公にもう1段階制約を与えたらもっと面白いネタが作れるんじゃないかと閃いたんです。それが五・七・五でしか喋れないという設定ですね。最初は俳句も頭にあったんですが、俳句だとどうしても堅苦しさが出てしまいました。
ターザン
 俳句は詠む句全てがアート化しちゃうじゃない。10代の女の子の日常を表すにはちょっと息苦しいよね。
五十嵐
 読者としてもマンガは肩肘張らずに読みたいと思うんですよ。そう考えるとやはり俳句よりも川柳じゃないかと。
ターザン
 川柳を物語に取り込むにあたって、だいぶ研究されたんじゃないですか?
五十嵐
 いろいろ資料は漁りましたね。ただ、川柳って俳句のオマケみたいな扱いをされがちなので詳しい記述がそんなにないんですよ。どうしても俳句の形式や作法、詠み方のテクニックがメインになってしまうので、正直、勉強らしい勉強はできなかったです。
とはいえ、調べていくうちに俳句と川柳の違いがおぼろげに見えてきて、俳句は風景や情景を詠むもの、川柳は人の気分を詠むもの、だと認識するようになりました。今回『パピプペポ川柳 傑作選#0』を読ませていただきましたが、ここで出てくる句も詠み手の些細な気持ちや気分を詠むことに特化しているじゃないですか。だから下五がパピプペポでも違和感なく成立するんだなって(笑)。型にはまらない自由さが川柳の良さなのだと、この本を読んで改めて思ったんですよ。
2 3
この記事の中でご紹介した本
川柳少女(2)/講談社
川柳少女(2)
著 者:五十嵐 正邦
出版社:講談社
以下のオンライン書店でご購入できます
川柳少女(1)/講談社
川柳少女(1)
著 者:五十嵐 正邦
出版社:講談社
以下のオンライン書店でご購入できます
パピプペポ川柳傑作選 #0/リアリックス
パピプペポ川柳傑作選 #0
著 者:ターザン山本
出版社:リアリックス
以下のオンライン書店でご購入できます
川柳少女(3)/講談社
川柳少女(3)
著 者:五十嵐 正邦
出版社:講談社
以下のオンライン書店でご購入できます
このエントリーをはてなブックマークに追加
ターザン山本 氏の関連記事
WEB限定のその他の記事
WEB限定をもっと見る >
芸術・娯楽 > 芸能関連記事
芸能の関連記事をもっと見る >