永江朗・いとうせいこうが語る 本から読み解く近代史~日本の時代をつくった本たち~|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

図書館
更新日:2017年12月1日 / 新聞掲載日:2017年12月1日(第3217号)

永江朗・いとうせいこうが語る 本から読み解く近代史~日本の時代をつくった本たち~

このエントリーをはてなブックマークに追加
12月14日(木)19時~20時半、
千代田区立日比谷図書文化館B1日比谷コンベンションホール(東京都千代田区日比谷公園1―4)、
参加費1000円、定員200名。
申し込みは、日比谷図書文化館、
TEL:(03・3502・3340)、
Eメール(college@hibiyal.jp)、
来館(1階受付)のいずれかにて、
(1)講演名、
(2)名前、
(3)電話番号を連絡。
本や雑誌は、その時代に生きる人々の様子を鮮明に映し出す鏡でもある。明治のベストセラー『学問のすゝめ』が出版されてから145年経った今、これまでに出版された本を振り返りながら、日本の近代史と、当時の人々の思想や文化、その本が読まれた背景について両氏が語り合う。
このエントリーをはてなブックマークに追加
永江 朗 氏の関連記事
図書館のその他の記事
図書館をもっと見る >
文化・サブカル > 読書 > 図書館関連記事
図書館の関連記事をもっと見る >