2017年回顧 美術 従来の美術史を見直し新しい視点から編む|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

回顧総評
更新日:2017年12月27日 / 新聞掲載日:2017年12月22日(第3220号)

2017年回顧 美術
従来の美術史を見直し新しい視点から編む

このエントリーをはてなブックマークに追加
今年は、従来の美術史を見直し、新しい視点から編んだシリーズの刊行がまず目を引いた。

昨年から今年にかけて刊行された小佐野重利・小池寿子・三浦篤編『西洋美術の歴史』(全八巻、中央公論新社)は、図版中心の全集とは一線を画し、「読む美術史」として、美術をその時代の社会的文脈の中に位置づけることを重視している。従来の「巨匠」中心主義や様式の通史的な叙述を見直し、「周縁」への目配りも行き届いている。

今年から刊行が始まった五十嵐公一ほか編『天皇の美術史』(全六巻、吉川弘文館)は、古代から近代まで、天皇と美術の知られざる関係に光を当てる意欲的なシリーズである。天皇の権威が可視化された造形作品群が複数の時代にわたって参照されることによって、古典としての様式・価値を獲得していく過程が明らかにされる。

鈴木杜幾子編著『西洋美術:作家・表象・研究―ジェンダー論の視座から』(ブリュッケ)は、日本の美術史研究者による論文集『美術とジェンダー』シリーズの待望の第三弾で、近年の研究動向を反映している。

パノフスキーらの合理的な知の影で忘却されてきた美術史家アビ・ヴァールブルクの再評価が近年著しい(田中純『歴史の地震計―アビ・ヴァールブルク『ムネモシュネ・アトラス』論』[東京大学出版会]など。「ムネモシュネ」とは、ギリシア神話における記憶・・の女神の名)。このヴァールブルクを導き手として、人類学者カルロ・セヴェーリ『キマイラの原理―記憶の人類学』(水野千依訳、白水社)は、先住民文化だけでなく西洋に派生した文化にも見られる、(異種を組み合わせた)キマイラ的なイメージと言葉を「記憶術」として理解する新たな視座を打ち出し、ジョルジュ・ディディ=ユベルマンは、『歴史の眼2 受苦の時間の再モンタージュ』(森元庸介・松井裕美訳、ありな書房)において、収容所の記録映像を読み解き、受苦の時間を残存・・させるための「モンタージュ」するという行為を論じている。

また、ドイツ語圏で(図像の主導的役割を主張する)「イコン的転回」を牽引するゴットフリート・ベームは、『図像の哲学―いかにイメージは意味をつくるか』(塩川千夏・村井則夫訳、法政大学出版局)において、図像が意味を産出させるところの「図像の論理」を明らかにしようとする。

アメリカの哲学者の主著の邦訳も相次いだ。ネルソン・グッドマン『芸術の言語』(戸澤義夫・松永伸司訳、慶應義塾大学出版会)は、芸術を包括する人間の知的活動を徹頭徹尾「記号(symbol)」の機能から考察している。アーサー・C・ダントーは、『ありふれたものの変容―芸術の哲学』(松尾大訳、慶應義塾大学出版会)および『芸術の終焉のあと―現代芸術と歴史の境界』(山田忠彰監訳、三元社)で、「ありふれたもの」を「芸術」に変容させたアンディ・ウォーホル以降の「ポスト・ヒストリカルな」現代における芸術理論を構築する。

今年は、ジャポニスムに関する多様な視点からの研究が目を引いた。馬渕明子『舞台の上のジャポニスム―演じられた幻想の〈日本女性〉』(NHK出版)は、世紀末パリで上演された舞台において、今日まで続くステレオタイプ的な〈日本女性〉のイメージがいかに形成されたかを明らかにする。深井晃子『きものとジャポニスム―西洋の眼が見た日本の美意識』(平凡社)は、ファッションを通じたジャポニスム研究の第一人者の集大成。

シュルレアリスムに関しては、澤田直編『異貌のパリ 一九一九―一九三九 シュルレアリスム、黒人芸術、大衆文化』(水声社)が、両大戦間期の様々な芸術と大衆文化の照応関係の中にシュルレアリスムを位置づけ、利根川由奈『ルネ・マグリット―国家を背負わされた画家』(水声社)は、シュルレアリストのマグリットが、戦後のベルギーの国家イメージ戦略のために重用されたという、もう一つの側面を炙り出している。
この記事の中でご紹介した本
西洋美術の歴史8 20世紀  越境する現代美術/中央公論新社
西洋美術の歴史8 20世紀  越境する現代美術
著 者:井口 壽乃、田中 正之、村上 博哉
出版社:中央公論新社
以下のオンライン書店でご購入できます
天皇の美術史2 治天のまなざし、王朝美の再構築 2/吉川弘文館
天皇の美術史2 治天のまなざし、王朝美の再構築 2
著 者:伊藤 大輔
出版社:吉川弘文館
以下のオンライン書店でご購入できます
芸術の言語/慶應義塾大学出版会
芸術の言語
著 者:ネルソン・グッドマン
出版社:慶應義塾大学出版会
以下のオンライン書店でご購入できます
舞台の上のジャポニスム  演じられた幻想の<日本女性>/NHK出版
舞台の上のジャポニスム  演じられた幻想の<日本女性>
著 者:馬渕 明子
出版社:NHK出版
以下のオンライン書店でご購入できます
西洋美術の歴史4 ルネサンスⅠ/中央公論新社
西洋美術の歴史4 ルネサンスⅠ
著 者:小佐野 重利、京谷 啓徳、水野 千依
出版社:中央公論新社
以下のオンライン書店でご購入できます
このエントリーをはてなブックマークに追加
河本 真理 氏の関連記事
回顧総評のその他の記事
回顧総評をもっと見る >
芸術・娯楽 > 美術関連記事
美術の関連記事をもっと見る >