本の国へようこそ 第91回 贈物|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

本の国へようこそ
更新日:2018年1月16日 / 新聞掲載日:2018年1月12日(第3222号)

本の国へようこそ 第91回 贈物

このエントリーをはてなブックマークに追加
新しい年を迎えると、見かけは去年と変わっていない自分自身も、新しいような気になる。それは新年から受け取る贈りもの。贈りものって不思議で、幸せなのは送られた側なのか、送った側なのか。今回は贈りものを通じてやりとりされる、最高に特別な何かがテーマです。
とっときのとっかえっこ

バーソロミューとネリーはお隣さん。
ネリーが赤ちゃんの頃から、毎日カートでおさんぽ。
いつかバーソロミューが年を取り車椅子になったとき、ネリーはやりかたを知っていた。
やさしくゆっくり、でこぼこに気を付けて。最高のとりかえっこ。今も二人は仲良し。
サリー・ウィットマン作/カレン・ガンダーシーマー絵/谷川俊太郎訳
32頁・1300円童話館出版
あなたが うまれた ひ

ひとつの命がうまれる日のこと。
ひとつの命のまわりにある、たくさんの命のこと。旅する動物たち、回る地球が朝をとどけること。
引力と太陽と月の動き、潮の満ち干、雨、森の木々が生み出す酸素。
命の誕生を深く大きく、豊かな色彩の切り絵で寿ぐ絵本。
デブラ・フレイジャー作/井上荒野訳
32頁・1300円
福音館書店
ナヌークの贈りもの

氷の世界の王者・シロクマを、ナヌークと呼ぶ。
氷の世界で生きていくためになくてはならないことば。
「おまえがいのちのために祈ったとき、おまえはナヌークになり、ナヌークは人間になる」。
ナヌークと少年との対話の物語。
これはきっと対話という贈りもの。
星野道夫写真・文
36頁・1460円小学館
マローンおばさん

ひとり貧しく暮らすマローンおばさん。
貧しいけれど「あんたの居場所ぐらい ここにはあるよ」と、弱った動物たちを迎え入れ、何もかも分け与えた。
心に染み込む人生観と死生観。
特別な力をもつ詩と、詩の世界を余すところなくとらえ、ふくらます挿絵の融合。
エリナー・ファージョン作/エドワード・アーディゾーニ絵
48頁・1000円こぐま社

銀座教文館
子どもの本のみせ ナルニア国
℡03―3563―0730
◎選書=ナルニア国・菅原幸子さん
この記事の中でご紹介した本
とっときのとっかえっこ/童話館出版
とっときのとっかえっこ
著 者:サリー・ウィットマン
出版社:童話館出版
以下のオンライン書店でご購入できます
あなたが うまれた ひ/福音館書店
あなたが うまれた ひ
著 者:デブラ・フレイジャー
出版社:福音館書店
以下のオンライン書店でご購入できます
ナヌークの贈りもの/小学館
ナヌークの贈りもの
著 者:星野 道夫
出版社:小学館
以下のオンライン書店でご購入できます
マローンおばさん/こぐま社
マローンおばさん
著 者:エドワード・アーディゾーニ、エリナー・ファージョン
出版社:こぐま社
以下のオンライン書店でご購入できます
このエントリーをはてなブックマークに追加
本の国へようこそのその他の記事
本の国へようこそをもっと見る >
文学 > 日本文学 > 児童文学関連記事
児童文学の関連記事をもっと見る >