今こそ、先人による「知」に|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

編集室から
更新日:2018年1月19日 / 新聞掲載日:2018年1月19日(第3223号)

今こそ、先人による「知」に

このエントリーをはてなブックマークに追加
ドゥルーズ、デリダ、フーコーというと、ある年代以上の人たちにとっては、それこそ「スター」的な知識人であった。フランス哲学を専攻していない学生にとっても、一定程度はその著書を読んでいないと、議論の輪に入ることはできなかった(内容を理解しているかどうかは別にしてである)。
現在の大学生・大学院生にとってはどうなのだろうか。もちろん専門に研究している若い人はいるだろうが、ごく普通の学生たちは、『監獄の誕生』や『エクリチュールと差異』『アンチ・オイディプス』といった書物に向き合っているのだろうか……。
今回の対談は、「共生」がテーマになっている。宗教間の対立が激化し、移民問題も世界各地で生じている。今こそ、先人による「知」に触れながら、「共にあること」について、改めて考えてみてはどうだろうか。(A)
このエントリーをはてなブックマークに追加
編集室からのその他の記事
編集室からをもっと見る >
学問・人文 > 哲学・思想関連記事
哲学・思想の関連記事をもっと見る >